Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は、苦手Away栃木戦!
先週は、ィャーンなイメージのあるAway熊本戦だったが・・熊本の守りがかなりスペースを与えてくれた事もあり・・ケンペスに谷澤、米倉が躍動、さらにスーパーサブ南が輝き、結果は3-0、快勝!だったわけだけど。
しかし、「あらあらどうしたの?」的にジェフがばらばらになりかけた時間帯もあった。

顕著だったのは、後半の序盤。
ちょうどジャイールが1対1を外してしまった後のあたりから、南が投入されるまでの時間帯が一番酷く、二度三度とジェフのゴールを脅かされた。幸い、熊本の選手がシュートを外してくれたから良かったものの・・ここで同点にされていたら、「勝者のメンタリティ」に欠けるジェフだもの、逆転されてしまったんじゃなかろうか。
(つか、「勝者のメンタリティ」ってちょっと懐かしいフレーズになってしまったな 笑)

前半も、ジェフの中盤が敵をなかなか捕まえ切れずにパスをつながれて脅かされたり、
不慣れな左SBのポジショニングに苦しむ金の裏を狙ってパスをつながれたり、
ラッキーなゴールで先制したはいいけれど、それは決してスコアほどに「強さ」を示せた試合だったわけじゃない。かえって不安を掻き立てる要素の方が目についてしまう内容だった。
しかし。
だからこそ、そういう内容だったからこそ、札幌戦からの前進と、そして苦しみつつも掴んだ勝利という結果を喜びたいとは思うのだけれど。

であれば、
この週末の試合も、決して楽なものになるハズがない。
ただでさえ0勝2分1敗と苦しんでいるAway栃木戦。しかも率いるのはJリーグ屈指の戦術理論の松田監督。
今のジェフが抱える両SBや中盤の守備バランスを狙ってくるのはまちがいない。


ってなわけで、札幌x栃木戦の録画を見てみたわけだ。


基本的には4-4-2。
2トップに近藤とサビア、2列目にクリスティアーノと菊岡、そしてDMFに高木にパウリーニョ。
栃木というと、どうしても固い守りをベースに、対戦相手の弱点に対して戦術的に狙いを定めた鋭い攻撃、というイメージがある。

なのでまず、栃木の守備はどんなだったかというと。
完全に守備体制を敷くと最終ラインの4人がぎゅっとコンパクトにポジションを寄せて・・それこそ両サイドを捨ててしまうほどに、中央で固くブロックを作る。そこにパウリーニョが一枚加わって、4+1の堅陣。そういう守り方を試合中に何度も見せていた。中央が固くなる半面、どうしても両サイドにスペースが出来てしまうが、そこは突かれてもしかたない、中央で跳ね返してやれ!そういう守り方なのだろう。しかし古田をはじめとする札幌のアタッカーに、サイドから守備ブロックの裏を狙われると弱さを見せていた。

また、そのように中央に堅陣を敷く一方で、前線の守備が微妙な部分も見せていた。
今までの栃木は前線から賢いチェイスを繰り返し、自軍の守りの固いところ(パウリーニョ他)に誘い込むような守りをしていたと思うのだけれども。札幌戦ではあまりそういう印象は受けなかった。
録画だったのでカメラのアングルのせいもあるかも、だけど。
誰かが守備をサボってるわけじゃない。しかし守備において距離感が遠く、ばらばらな印象である。

これをジェフの攻撃陣と組み合わせて妄想すると・・。
ジェフがボールを持つ時間は長くなるだろうが、それを栃木ががっちりと守備体制を組んで虎視眈眈と迎え撃つ・・そんないつもの展開。
ぎち!と中央をかためる栃木だが、その分、サイドは空いている。

しかし、そこに駆け上がってクロスを上げられる渡邊はいない。
また、右の高橋は、スペースを突く速さと運動量はあっても、敵DFにコースを切られると(水野や米倉のように)単独単騎で突破できるわけではない。
なので前線のアタッカーだけで、無理に攻め込もうとしても・・。
ジャイールがサイドでボールをもって、こねてしまえば栃木の守備の餌食になるだろう。米倉が、ムキになって突撃しては跳ね返されたり、谷澤がドリブルでうろうろしてしまう間に囲まれる、そんな想像をしてしまう。

ジャイールや米倉が単純にサイドを使うだけでは、栃木にとってしめたもの。
ジェフとしては、どれだけアタッカーを栃木守備陣の裏に送り込めるか、もしくは、そういうスペースを敵の守備陣にこじ開けられるか。

ボールを左右に振って、敵守備陣をスライドさせ、そこからズレを狙うであったり、
中盤でのボール奪取からのショートカウンターであったり、
ケンペスをはじめとする攻撃陣がポジションを出入りしてマークを混乱させたり、
色々とあるとは思うけれども、
ジェフがどういう狙いをもって栃木戦に挑むのか、怖いけれども・・楽しみである。



また栃木の攻撃は・・となれば、
近藤のフィジカルの強さはもうとんでもないし、サビアには去年やられたし、クリスティアーノは(連携はまだいまひとつだけれども)やっぱり上手いし、セットプレイは怖いしと、色々と怖い武器がいっぱいある。
菊岡と高木のセットプレイも、これまた去年やられただけあって、やっぱり怖い。

札幌戦では、そんないろんな栃木の武器の中で、一番こわかったのはやっぱり高木だった。
パウリーニョを支えつつ、チーム全体の攻守のバランスに奔走し、かつ、好機にズバッ!という縦パス。
札幌x栃木戦の決勝点は、この高木の一発のパスで、札幌守備陣が廣瀬に裏を取られてやられてしまったもの。得点にはつながらなかったものの、それ以外にも何回か、おおっ!という縦パスを通している。

金や高橋峻希の裏、ジェフの両CBの横は間違いなく狙われるだろう。
勇人が前線に駆け上がり、そこに空いたスペースを菊岡に使われ、健太郎がフォローにまわったところで、高木から栃木FW陣にパスが通ったりだとか。

栃木の堅陣を攻めあぐねたジェフに、高木を軸にした栃木のきつい一撃が妄想できてしまう。


あああ・・・。
怖いよ(笑)


だけど、だからといって長いリーグ戦、一つ一つジェフは強くなっていくしかないわけで。
札幌戦と熊本戦で見せた修正点を、さらに栃木戦で前に進めてこれるのか。
そして何よりも結果を出せるかどうか。

がんばったね、残念だったね、じゃ、いつまでも昇格できやしない。

勝つために、勝ってJ1に昇格するために、栃木のような苦しい相手にどういう試合が出来るのか。


まだシーズン序盤だけれども。
そういう試合になりそうな気がする。


がんばれ!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1440-f552402e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。