Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噛み合いきれなかったHome鳥取戦。
週末はG大阪戦だーっ!
自分はお仕事だけどなっ!

それに今のジェフは、まずは自分たち自身の歯車をかみ合わせないとどうしようもない状況なので、相手がどこであれ誰であれ気にしている暇はないのだけれども(笑)


さて、野次とかそーゆーモヤモヤと思った事は昨日のうちに吐き出したので(笑)、
よーやく試合を振りかえる余裕ができたわけだけど。

思いあがりと言われようがなんだろうが、
Home鳥取戦は、全体を通して見ると、ジェフが勝ってもおかしくない試合だったと思う。
それまでの3試合よりは、ここが良くなったよね、あそこが良くなったよね、と、いくつも良かった探しはできる。だけど去年から続くジェフの悪癖はいくつも残ってるし、それ以上に・・この戦い方だったら、続けて良くなるってわけでもなくなくないない?という気持ちもちょっとしてる(笑)



で、選手個々はどうだったのか・・と、気になった順に思い返してみる。


目についたのは、ケンペスの意識がこれまでよりも広くなって、しきりと谷澤や米倉、ジャイールに何度も何度も声をかけ、しきりに身振り手振り、さらには指笛までして、ポジショニングやスペースの使い方を選手同士で調整しようとしていた事だ。そのため、ケンペスが下がってボールを納めるシーンが増えたし、谷澤がより広く動いてボールを持つ回数も増えたと思う。

一方で、ケンペスは、足元深くにボールが入りすぎてそこでばたばたして、ボールを失ったりパスコースを切られたりというシーンも目立った。これはそれだけチャンスにつながるようなプレイ機会が増えた事の証でもある。
もちろんケンペスのそのミスは、いろんな要因があるだろう。トラップの際のボールの置きどころが悪いのか、それとも体の向きや受け方の問題なのか、出し手とのリズムなのか。しかし細かいステップワークや体の向きや重心を翻すような俊敏な動き、そういったものを、そもそも苦手としている印象だ。
去年の藤田や、場合によっては最前線に立つ機会のある南、彼らのイメージでボールを送ると、ケンペスでパスワークが詰まってしまう事は、今後も続くだろう。それであればそれで、どうつないでいくのかを感が無きゃならんのだけど・・ケンペスをポストに使うのであれば、ハイボールや浮いたボールを送り込んで、地上戦でのポストプレイは選択しから外すのも一つかも?と思ってしまった(笑)


ジャイールに目を移せば。
この日は、今までの空回り感がかなり消えて、活躍していた。
得点だって、武田にがっちりマンマークされて体を押さえられたところから、フットサル仕込みのテクニックで身を翻しての突破なのだもの。正直、あの得点は、ジャイールの個人の力があってこそだった。
その得点のシーンだけではなく、試合全体を通してこの日のジャイールは、今までよりも良かったのだけれども、彼個人のプレイとしては実はあまり変わっていないと思う。
変わったところは、その後ろ、金がより積極的に駆け上がっていた事だ。
それによってジャイールはパスの選択肢が増える。さらにいつもであれば敵のDMFとSBの二人でジャイールが囲まれるけど、金の駆け上がりによって敵守備陣を一人引き剥がす事ができる。その分、ジャイールは必然的に楽になる。思えば、ちばぎんカップのジャイール大活躍!の時は、渡邊圭二が絶好調であったなぁ・・、ぐすん、ぐっすん、ぐっすんおよよ。


金。
どうしても、あの同点弾に直結したクリアミスが目立ってしまうけれども。
うん、あのミスそのものは、どう言い繕ったってミスだけど。
彼もまた、今までのリーグ戦と比べて一番良かったと思っている。
あえて気にして見ていたけれど、やっぱり敵との攻守で1対1になれば、局面の勝負はほとんど金が勝ってるハズ。ボール奪取まで行かずとも、ボールをピッチサイドに出したりクリアしたり、少なくともサイドからの突破は食い止めていた。ハイボールにしたってそのまま敵にやられてるシーンはない。

ただ、致命的にSBというポジションに不慣れなところが目立ってしまう(苦笑)
あのパスミス以外にもいくつも「やべ!」というミスがあったしね。

例えば、「そこは金が攻め上がるタイミングだろう」と思っても、金がなかなか動けない。それがここ数試合で分かってきてるから、山口も谷澤も、金の前のスペースにボールを出せない。よってプレイの選択肢が狭まるし、チームとして窮屈になってくるし、敵は楽になる。

この日は、その悪循環が少し良くなった。金が今までより前に上がるようになり、それによってジャイールが楽になったのは、先の通り。その攻め上がった金、しかしクロスを上げてくれ!というポジションに、何度もいい感じで駆け上がっていた。やはり攻撃面でもポジションに不慣れなところが出てしまい、クロスまでやり切ったプレイは少なかったけれども、しかし今までに比べれば一歩も二歩も良くなっている。
結局、金の場合は、サッカー選手としてのポテンシャルや技術という問題以上に、起用ポジションとチームのプレイスタイルとの組み合わせの問題が大きいのだろう。


そういえばあの同点弾につながったクリアミス。
あれは、山口と金とで、致命的にイメージがズレていたのが、一番のポイントなのだろうなぁ。

敵二人にプレスを受けて囲まれた山口が、まさかあそこで自分にボールをつないでくるとは、金は思ってなかっただろう。山口からショートパスが来て、びっくりした金に敵が猛プレス。慌てた金がボールの受け方/タイミングをミスって、足元に入れてしまい、クリアがああなってしまった。
誰のミス?・・となれば、金のミス。
しかしその金のミスの原因は?・・となれば、そこには山口のプレイ選択も引き金に入って来る。

同点の後、しばらく、ずっとずっと長く、10秒も20秒も天を仰いでいた山口が印象的だった。



今のチームは、ジャイールとケンペスを活かしつつ、ボールを回して攻めていきたいのだろうけれども、全体の攻守のバランスがなかなか作り切れていない。
バランスを取る事を優先すれば、他のスタメンの選択肢もあるだろう。
渡邊圭二が怪我してなければ・・という忸怩たるものもある。

あちこちにチームとしての歪みがいっぱいあるのが正直な印象だけど。
しかし最後には笑って昇格できるように、少しずつでもチームの力を積み上げるための、鈴木監督の選択だと思って、誰がピッチに立っても、自分は応援したい。


がんばれ!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1443-7e2b4db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。