Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフの、いかんともしがたい中盤MFの心配
兵働のパスやキープ力は武器である。
それに体力が続く限りは、運動量も頑張っている。

佐藤勇人の、前に飛び出していく進出力やボールを刈るための運動量もまた武器。
最近、1対1における微妙な弱さや、パスミスなんかも散見されるけど。

佐藤健太郎にいたっては、中盤のスペースケアやカバーリングで大活躍。
特に両SBが高くあがるジェフのチー部バランスにおいては、欠かせないくらい。
しかし1対1で敵を潰すプレイは少なく、縦パスを試みる事は多いが慎重な判断も多い。


・・そんな三人を軸にして構成されているのが、ジェフの中盤。

これに谷澤や田中佑昌、米倉、ジャイールを加えていくと、ポイントが最前線や攻撃的な両サイドにまで広がっていくのひとまず置いといて。また山口や竹内のフィードなんかも本来は重要だけど、また話が広がりすぎるので、いったん横においといて。

つまるところ、
ジェフがボールをキープして態勢を作り直し、ゲームを組みあげていくにあたって、大きな要である中盤は、この三人が軸になっている。


だけど、この三人には・・特に兵働と勇人の二人には、一長一短がある。
総合力という意味では凸凹だ。
雑誌や資料で、要素分析において良く目にするレーダーチャート(こんなの)に落とし込んだとすれば、きっと彼らは、得意が鋭く尖って、不得意が大きくへこんで、歪な形になるだろう。

だけど、彼らの武器を捨てるわけにはいかず、それにジェフは大きく頼っている。

例えば兵働が不在だとすれば。
谷澤がボールを収める役を果たすだろうけれども、ボール回しが停滞するシーンが増え、ワイドな展開やクリティカルなパスは、兵働の位置から10メールも20メートルも後退して、山口に頼ることになるだろう。

勇人が不在だとすれば。
健太郎がスペースをケアしてバイタルエリアを埋めるだろうけれど、敵のボールホルダーやドリブル突破に、潰しに行く選手がいなくなる。兵働も谷澤も、自分のプレイエリアの範囲では奮闘するが、しかし後退局面においてそこまで敏速な機動防御ができるわけじゃない。


よって。
攻撃を組み立てるためには、兵働が必須であり、
兵働が戻り切れない、動ききれない分、勇人が必死に走り回る事が必要であり、
その空いたスペースを埋めるのは、健太郎のカバーリングが最適解であって、
それで、ようやく中盤三人のバランスが成り立っているのだと思う。

※さっき横においた、谷澤と田中については、
※ジェフの攻撃の組み立てが兵働一人ではマークされて潰されて終わりなので、そこに谷澤という選択肢が必須であって、
※だけど、速さや動きの幅という意味では、兵働も谷澤も足元で受けてナンボの選手だから、
※さらに加えて田中が入ることによって、縦への速さや裏に抜け出すプレイが加わるわけで。
※そういう意味でもまた、彼らは必須だとも思う。
※とはいえ、この二つの話は、「最前線がケンペス」という事が大前提な逆算だけれども。




でもって。
ここまでを、長い長い前置きとして。
何が心配なのかしら?という、本題に入れば。

現象としては、誰もがはっきりと思っているであろう事。


運動量不足と、体力のスイッチ切れ、である。




だって、だってだって!
日曜日の松本戦だって、試合60分を回ったらぴったりぱったり、足が止まってるし!
岐阜戦だって愛媛戦だって、セカンドボールへの詰めは敵の方が速かったし!

でもそれって、
中盤の構成を、兵働/勇人/健太郎を軸にして組んでる限りは、しょーがないよね、って思うし!

だから、これからどんどん暑くなっていく7月以降、
ジェフが、どこまで持ちこたえられるか、とてもとても心配なのですよ!

だって・・!
毎年毎年、ジェフは夏になると勝てなくなるんだもん!



ともあれ。
===
1:兵働はもともとスタミナ面に難があり、かつ守備時ではスペースに戻り切れない。
2:その分、勇人が走り回る。
3:勇人が空けたスペースを健太郎が埋める。
4:兵働(+谷澤)がだんだん動けなくなる。
5:勇人(+田中)がもっと走らなきゃいけなくなる。
6:兵働(+谷澤)の動きがもっと少なくなって、プレイエリアが狭くなっていく。
7:その分、勇人(+田中)が埋めるエリアも広くなっていく。
8:だけど、さすがに勇人(+田中)も、運動量が少なくなってくる。
9:中盤に穴が増えていき、そしてそして・・。
===
という連鎖反応は、あの三人が中盤の軸である以上は宿命的な問題であって。
そして、ジェフは現状、あの三人を上回るような代替案も多くない。


じゃあどうすんべ?と思うけれども。
個人的には・・、

鈴木監督の選手交代が、あともう少しでも早くなるといいなぁ・・とかとか。
中盤守備で活躍してくれそうな、佐藤祥にぐぐっと伸びてきてほしいなぁ・・とかとか。
練習試合で好調な大塚が、兵働や谷澤に追いつくように伸びてほしいなぁ、・・とかとか。

まぁ、そんな妄想というか期待をしていたりします(笑)



なんとか・・!
なんとか今年こそは、夏の失速を繰り返さないように・・!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/07/04 23:56】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1455-671bfa0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。