Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎戦を振り返れば、・・見どころは先発大塚の “トップ下” と、山中の “2トップ” !
長崎戦は、ばたばたと長崎のリズムで試合を運ばれたけれども、それでも今まで0勝3敗の相手だった事や、新監督としてチームが改めて再構築の端緒にある事を思うと、決して悲観するべきではなく、それどころか「いやいや期待したいよ、自分は?」みたいな気持になる試合だったわけで。

だけど。
ジェフがはっきりと攻勢に出たのは、先制点を奪われた後だった。
最も大きな要因は、選手交代とそれに伴う布陣の微調整。

・・大塚が下がり、田中が登場。
田中は右サイドに入り、右の井出が左にまわり、そして山中が大塚に代わって中央へ。

それが監督の明確な指示だったのかはわからないけれど、大塚と山中は、同じ中央であっても、役割が違っていた。
鈴木前監督の時のように、「トップ下」として、中盤からの組み立てに加わり、時には佐藤健太郎と同じかそれより低く入って守備のフォローに回り、井出や山中の上がった裏のスペースをケアする大塚。
一方で、中盤の守備や組み立てへの参加はそこそこに、森本に続く二人目のアタッカーとして、「2トップの一角」として、敵を脅かした山中。

「山中を、2トップに起用かよ!」と応援しながら、びっくりである!

確かに、練習において関塚監督が山中を右ワイドのアタッカーに配し、切れ込んでの左足シュート!を活かすイメージを、何かでコメントしていた記憶はある。
だから関塚監督は、山中を、彼の突破力を活かしてサイドで使うのみならず、得点力に期待して起用する事はありえると思っていた。山中は、大分戦でも途中出場から得点していたし(この時は斉藤監督代行だったけど)、栃木戦でも同じく途中出場していた。だから期待はしているのだろうとも思っていた。

だけど2トップで起用とわ! わわわっ!


その布陣変更が、長崎の選手たちの足が止まってきたタイミングとも重なって。
ここからジェフがギアを一段加速していった。


やはりこの試合の見所は、前半の大塚、後半の山中。
この二人の違いだと思うのですよ。


大塚は、トップ下に入り、前後左右、周りのために走りまわった。
その動きは、鈴木前監督時代の大塚の動きであり、ケンペスがフィニッシャーに徹する分、大塚が組み立てや周囲のフォローに走りまわっていた時と同じもの。

山中は、二人目の点取り屋として走りまわった。


関塚監督が、本当に求めていたのはどっちの動きだったのか。
大塚に、トップ下の動きを求めていたのか。それとも山中のように二人目のFWとして、森本のフォローを求めていたのか。
それとも前後半でギアチェンジするために、二人別々のタスクをもくろんでいたのか。

それはわからないけれど。

山中が中央で走りだすようになってから、森本がやりやすくなったのは間違いないと思う。


最前線をどのように構築するのか。
彼らにどのように点を取らせるために、その一つ手前で、どのような組み立てを考えるのか。

得点シーンからの逆算でイメージしていくとすると、長崎戦の大塚と山中、二人の動きのどちらが評価され、どちらのタスクがより求められていくかで、関塚監督率いるジェフの姿が見えてきそうな気がするのですよ。

マジで!



(個人的には、関塚監督が、ケンペス&森本の2トップをファーストチョイスにしているだけに、より攻撃的な役目を求めていきそうな気がする・・)

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1472-40efedb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。