Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南戦・・監督の描いた柔軟性とそれに応えた選手たち。
敵地にて王者に挑んだAway湘南戦。
J1昇格に向けて邁進中の湘南にしてみたら、ちょっと爪先が石ころに引っかかったくらいかもしれないけれど、ジェフにとっては大きな大きな引き分け。前回対戦時の0-6とは大きく異なり、やってやるぜ!と立ち向かい、戦いきった1-1である。

その大きなポイントになるのは、関口監督の采配が一つと。
急造布陣ながらも、それに応えて走ってがんばった選手たち、だろう。


スタメン発表の時点で、「あれ2トップじゃないんだー」とひとつ驚き。
この時はまだ、それならケンペス1トップの、パートナーの衛星に山中で、井出と入れ替わりながらの4-2-3-1かねぇ・・などと思っていた。つまりは布陣を変えずに、人を変えてきたと、そう思っていた。

しかし試合が始まると、山中の基本ポジションが右。
井出が、中。守備時にもかなり深くまで下がって守る。
健太郎も、いつもより前。
その二人の後ろに兵働。

兵働がアンカーかよ!
ピルロかよ!
まじか、まじかっの4-3-3!


試合が動き出せば・・この布陣は、ジェフの攻撃力を活かすための狙いじゃなくて、
なるほど、
湘南の攻撃を受け止めて吸収して封殺する事が狙いなのだな・・と。

中盤の列(山中・井出・健太郎・谷澤)のさらに後ろに、一人(兵働)。
これが守備時には、最終ラインと中盤二人(井出と健太郎)の間を兵働が埋める形になるのだから、
つまり、
湘南が使いたいスペースを、がっちりケアして受け止める事を狙っていた。

アタッキングサードにボールが入ると、何人もの選手がスペースに飛び出して、
縦に早く運びながら、中、外、中と、左右に揺さぶって攻めてくる湘南。
しかしその中のスペースを封殺しているのだから、湘南としては攻撃のバリエーションが削られるし、中央を固められているので最後のシュートポジションにもなかなか入れない。大外を縦に使うばかりだと、ワンパターンになってしまう。(その分、山中もかなり押し込められたけど)


前半0-0というのは、まさに関塚監督の狙いだっただろう。


後半は後半で。
先制されたビハインドの状況で森本を投入、2トップを形成。
井出が右、谷澤が左に入り、この時点では健太郎と勇人の二人がDMFを組んで。
試合中の布陣変更。

さらには試合終盤、中村をかなり高く上げ続け、バランスを取るために大岩が低く構え、これがまた、ぱっと見だとまるで3バックのような状態に。ほんとに3バックを指示したのかどうかまではわからないけれど。
(サッカーのポジショニングなんて流動的だからね!試合の流れでかってにそうなってたかもしれないしね!)

だから・・
===
4-3-3ではじまり、
4-4-2で追い付き、
3-5-2で殴りあった。
===
そんな風にも見えるわけで。


いや、うん、湘南戦。
これは後でもう一度見直してみたい・・それだけ面白い試合だった!


でもって。
そういう選手起用の柔軟性の面白さと同時に。
これが試合として成り立っていたのは、谷澤のマルチロールと、井出のがんばりである。

谷澤のマルチロールは、もう、いちいち言及しなくていいくらい。
ボールをキープし、時間を作り、突破し、クロスをあげ、シュートを狙い、どのように周囲の選手が変わろうと、距離感が変わろうと、攻守両面で自分がするべき事を理解してプレイしていた。これは相当に凄いと思う。
「オレができるのは、これだけだもんね!」と、役割限定スペシャリストに徹する選手もいいけれど。それって柔軟性の欠如とか、意固地とか、思考の停止とも言えるわけで。それに対して、谷澤のもつ柔軟性というのは、これは天性のものがあるんだろうなぁ・・・(笑)
(やってる事は、いつもと同じっちゃ同じなんだけど 笑)

そして井出。
前半を0-0で封殺できたのは、井出の頑張りがかなり大きい。
兵働は、井出と健太郎の後ろ、中盤から少し下がったポジション。
つまり井出は、ケンペスから兵働までの大きなスペースの右半分を、攻守にわたって担当していた。
これは相当に、プレイのダイナミズムがないと成り立たない。
特にパートナーとなる健太郎は、その点ではアグレッシブさにちょっと欠けるところがあるから、攻撃時には井出が彼の分も積極的に走り回っていた。
いや、すごいと思うよ!
そして途中から山中に代わって右サイドに入り、同点弾! ヘディングも高いジャンプ! あの時あのスペースに駆けこんでいた事そのものが立派だと思う。体力的にもきつかっただろうに・・。

最後は、さすがに疲労もあってか、85分、井出は田中に交代。
個人的には、彼がMVPである。


湘南戦は、引き分けだったけれども、ものすごく楽しい試合だったよ!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1478-7464424d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。