Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨敗!完敗!の北九州戦!・・でもおもしろかったよ!
今さらながらに北九州戦を振り返るわけですが(笑)

ええ、随分と涼しくなってきたおかげで、フクアリで試合を見て応援してても、風がちょっとばかり肌寒いくらい。とはいえTシャツの上からレプユニを着るほどの気温でもなく、また、フクアリに持ち込む水筒に温かい白湯なりお茶なり焼酎を入れるほどではないわけで。

とはいえ、日に日に秋になってきているわけですが。

1-3。

昇格を狙うジェフが、プレイオフ圏内の北九州と戦って負けるには、あまりにあんまりな完敗っぷりで、心の中まで隙間風。ひゅーるりるらら。最後は健太郎をCBに落としてオナイウを投入し、若手によるガムシャラモードでつっこんだけれども。

4-4のラインをきれいにしっかり引いて、2トップが律義に献身的に攻守に走る北九州を、最後まで崩せなかった。

うん。
ジェフは、北九州を崩す力を持っていなかった。

そんな試合であった。


でも、でもでも・・!である。

PKで先制されるまでは、かなり良いプレイが繰り返されていたと思うのですよ!
中盤でボールを持って、つなぎながら、兵働なり佐藤健太郎なりが、随時、交互に前に押し上げて攻撃に加わる。その押し上げに支えられつつ、幸野が、森本の衛星の役割だけじゃなく、前線を広くサポート。さらにその幸野の動きを受けて、谷澤に井出が、敵SBの裏側に飛びだして・・しかもそこにちゃんとボールがわたっていた。
それを繰り返していた。

【米倉の個人突破からクロス!ケンペスがどーん!】という一発芸に頼っていた去年のジェフではなく。
【前線へのボール出しからサイドに展開、クロス!】・・しかし、そこには敵がいるもんね!という今年のジェフでもなく。

誰かのその場の思いつきや、誰かの「個」に頼った一点突破でも無い、ここ数年のジェフには希薄だった、戦術として編み込まれたチームの動きが北九州戦の序盤には見られていたと思う。
(2014年鈴木ジェフも、チーム全体の動きとしてはトレーニングされていたが、それがチームとして敵を崩してゴールを奪うだけの「戦術」には、まだまだ遠かったと思っている)

だからこそ、あの1失点目のPKは悔しいし、2失点目のセットプレイのミスは、地団駄であることよ。


1失点目のPKは、DMFの二人が交互に押し上げるからこその、薄さを突かれた部分は確かにある。
もともと、兵働と佐藤健太郎は、運動量とクイックネス、ダッシュの機敏性と持久力、そういうものをかけ合わせていくと、守備でカバーできるエリアはそこまで広くない。広くないにも関わらず、一方が押し上げる動きを取っているのだから、必然、カウンター時には、ジェフの最終ラインの前には大きなスペースが空いてしまう。

そこにボールが入った時、チェックが遅れた。
遅れたからこそ、最前線のFWにボールが入り、北九州の池元がドリブルでペナルティエリアまで侵入。
ここで山口慶と佐藤健太郎が挟み込むのだけれども。
そこまで強く当たってはいないが、PKを取られてしまった。

これで北九州は、しっかりがっちり、守りに入る。


2失点目はセットプレイから。
ゴール前に放り込まれたボールに、金が競り合う。もう一人のCBである大岩は、もともとのCKの弾道が伸びる先・・ピッチに落ちた地点でボールを拾えるよう走り込む。
しかし、金より先に、北九州の選手がボールに触れて、弾道が代わり、その先には北九州の前田がフリーで待っていた。彼をマークすべき大岩は、CKのボールを拾おうと走りだしていて、つまり・・マークを外してしまっていたわけで。

ジェフのCBの一人が競り合いに負け、もう一人は自らマークを外しており。
そりゃ、そういう事が重なってしまったのだから、あそこはジェフの「残念!無念!」となる。
しっかりとボレーを決めた前田を褒めるしかない。



後半からは、若手の無理やり攻撃タイム。
町田に井出が繋ぐが、あれだけ中央に人数を集められると、ボールを出す先もない。

中村がボールをもってサイドに回っても、この日はケンペスもいないし、放り込むコースもない。

ミドルやフリーキックで、遠目からゴールを狙うも、枠に飛んだボールはGKに押さえられた。

森本が落としたボールを、オナイウがダイレクトで打ち込んで、1点を返すのが精一杯・・。


まさに完敗というゲームだった。



あれだけ引かれたのは、先制点を奪われたから。
あれだけ引かれた相手を崩せなかったのは、ジェフの攻撃力がそこまでのものじゃないから。

つまり、
今のジェフは、北九州より弱いから負けた。

そう思い知らされる試合だったわけで。


だからこそ、面白かった。

ここから、ジェフが昇格をめざしてどのように頑張るのか。
諦めるのか、それとも歯を噛みしめて足を踏ん張るのか。

それを応援するのが、サポの醍醐味じゃないか。



昇格したいよ。
それに、昇格を目指して必死でがんばるジェフの姿を見たいし、
それを応援したい。


がんばれ。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1488-974188bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。