Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督騒動・・・協会に対する「筋」の通し方。
こんな事はいちいち言うような話じゃないけれど、会社と会社の話においても筋を通すのは重要で。選択肢がいっぱいあるような業界なら、もっとビジネスとして合理性が表に立っても話は進むだろうけど、「狭い業界」であればあるほど、「筋」の通し方は重要になる。

メディアやサッカーという「業界」は、間違いなく「狭い業界」。
そこで生きていくためには、いかにして「筋」を通すのかが、とても大事になるはず。

今回の監督騒動において、「筋」を破ったのは協会です。
しかもそれなのに、間違っていないはずのジェフが逆に追い詰められるという構図。
(どう追い詰められたかは省略)

ジェフというクラブ単独の利益、協会との関係、今後の日本サッカー業界での立ち位置、そしてオシム監督の気持ち。今回、正論では協会が全面的に悪いのだから、いっそクラブの正義を押し通し、全てがご破算になる覚悟で戦う選択肢の方が、楽だったかもしれません。その結果としてオシム監督が日本から立ち去る事になったとしても、です。
(その方がオレも感情的にすっきりしたかもしれません)

でもそうはしませんでした。
ジェフとしてはぎりぎりの判断をわたったのだと思っています。

その判断の背景はどのようなものか、推測するしかありません。しかしジェフは協会やその他との全面対立を避けつつも、「切歯扼腕」「厳しく糾弾」という言葉を用いました。さらにサポに対しても報告の場を設け、「日本サッカー全体を指導、教育する立場にある協会自らがそのルールを乱すことは今後二度とあってはならないことだと思います」と発言しました。

そしてそれは、ただのトークに終わらず、

千葉 日本協会に“声明文”要求(スポニチ)

との事。



この「声明文」がどういうものになるのかわかりませんが、これをもってジェフは、クラブとしての筋を(サポに対して、Jリーグに対して、協会に対して)通そうとしているのでしょう。
代表ばかりを見ているような人にとっては、「次の監督はオシムなんでしょ。ジェフはガタガタうるせーなー」と思うかもしれません。でもジェフにとっては未だ「筋」が通っておらず、何も決着がついていない話なのです。

・・オレらサポ以上に、淀川社長も祖母井GMも、歯軋りするような悔しさやがあるのだと思います。その中で、諦めたり自暴自棄になることなく、そして先々に禍根や遺恨を残さないよう、粘り強く行動していると思います。協会に先手を打たれて殴られたけど・・やられっぱなしというわけじゃない。


この「声明文」報道がこれからどうなっていくのか、
協会としてどう答えるのか、拒否するのか。
(もちろん、スポニチのガセネタ or 飛ばし記事という可能性もあります)

見守りたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/213-05c21db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。