Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表イエメン戦:ユニットが軋む音が聞こえるようで・・。
イエメン戦、オシム監督のやりたいサッカーの10分の1もできなかったような試合。
結果は2-0。
勝ったのはいいけれど、息苦しさが残る試合の流れだった。

ジェフという「ユニット」(巻/阿部/羽生/勇人)。
浦和という「ユニット」(田中達/三都主/鈴木/田中闘/坪井)。

二つのユニットが、お互いに連動できない。日本代表というひとつのチームの中に、ジェフユニットと浦和ユニット、二つのチームがあるようだった。
例えば巻が飛び込み、DFが乱れる。ジェフであれば、山岸や羽生が飛び込むなり、ハースが拾って立て直すなり・・そんな連動が見られるはず。しかし今日の試合ではそれがない。同じように鈴木啓太がボールを持っても、ピッチの上に長谷部はいない。山田もいない。しかたないからボールをまわすか、三都主に出すしかない。

同じユニットのメンバー同士であれば連動できても、その二つのユニットは、結局最後までばらばらのままで試合が終わってしまった。あからさまだったのは、どれだけ左サイドで羽生がフリーランを繰り返しても、そのイメージが三都主に伝わらず、三都主は闘莉王めがけてクロスをあげるばかり。

あれじゃ、加地も遠藤も駒野もやりづらい事この上なかったはず。特に遠藤。本来の自分のポジションよりも前に配置され、周囲との距離感やイメージがつかめないままに敵のプレッシャーに晒されて、どうにも彼らしいプレイができていなかった。

そして、ほとんどの選手が「チーム」ではなく「個人」でプレイしていたように見えた。だから、ボールを持ったときに、それから周りを見て、他の選手の動きを伺い、ボールを持ち直し、その上でプレイを選択していたようだった。
・・きっと、イエメンだって守りやすかったんじゃないだろうか。

良かれ悪しかれ、今日のように敵が完全に引きこもってしまう試合は、アジアで戦う上でこれから何度でもあるはず。あれだけ守りに入った敵を打ち破るにはどうすればいいのか。オシム監督は何をしようとしているのか。
今日の試合ではそのイメージを見ることはできなかった。


見えたのは、選手同士の連携が取れず、イメージが擦れ違う不協和音。


次の日本代表戦は9月3日サウジ戦。しかもAway。
それまでにどのような修正や前進がみられるのか。

・・オシム監督の手腕は信じているから、楽しみ。



===<おまけ:雑感>===
巻:   あの外しっぷりは「巻」だけど・・、でも決めてほしかったよお!
阿部: 中盤の要として奮闘。でも、もっとやれたはず。啓太とかみんなを気にしまくってた印象。
羽生: 代表初capオメ!!あなたが入ってから明らかにリズムが変わった!
勇人: 代表初capオメ!!試合後、寿人の目の怪我をネタにじゃれてたのが笑った(笑)
寿人: あの短時間でダメ押しゴールは立派!ほんとストライカーに成長したんだなぁ・・。



===<おまけのおまけ>===
なんぞ、太陽系に新しい惑星が増えるようで・・。

太陽系惑星:新たに3個 国際天文学連合が定義案公表(毎日)

SF好きのオレとしてはワクワクのニュースです。・・久しぶりにNewtonとか買ってみようかな(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

そうですね、オシム監督が目指すのはロングボールを主体としたサッカーではなく、プレイが連動し、ボールがつながっていくサッカーだと思います。これから、いろんなクラブの選手が代表に呼ばれるでしょう。その上でオシム監督が目指す連動したサッカーがどのように実現されていくのか、楽しみだったりします。

もし、オレのテキストが「蹴りこむべき!」という表現に読み取れていたらごめんなさい。
今回のエントリーの趣旨は、ジェフ選手と浦和選手の2グループの間に、意思の疎通が取れてなかったなーという点でした。
ホント、羽生の左サイドでの走りが、まさしく「無駄走り」に終わってしまったのが残念でしたね・・。
【2006/08/19 04:10】 URL | khou #- [ 編集]


ジェフサポもレッズサポも言いたい事はあるでしょうが、オシムが望むのは、ポンポンとゴール前に蹴りこむことでは無いと思いましたが。
左サイドに流れてる時の羽生は、本当に無駄な走りになってたのが残念でならぬ。
【2006/08/17 08:54】 URL | マルヤマ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/240-6c7e1a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。