Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田戦・・・覚悟と現実
磐田戦。試合前から、監督も選手も覚悟はあったのだと思う。
優勝するためには、この後の5戦・・全てを勝つしかない、という事。
相手の「磐田」だという事。
11月5日、9日と120分戦い続けてきた事。
それら全てがあった上で、土曜日の磐田戦があった。

勝ちたかったー・・・。
前半2-0になった時は、「ジェフだからなぁ・・」という不安はあっても勝てると思っていた。けれど後半になって磐田の布陣に前田が投入されたのをきっかけにジェフのマークがずれ始めていく。

【前半】
西、中山ともに、敵陣を突破し、味方に使われるための選手。故に前線にためがなく、ためが無い故に磐田は二列目があがれず、単発な攻撃のみが繰り返される。
一方でジェフは、ボールのつながりはよくないものの、CKから阿部のヘッドで先制。続いてハースのためからストヤノフにパス。ストヤノフがするする上がって敵陣を裂き、ゴールすぐ左脇からマイナスに折り返して佐藤が押し込んで追加点。
2-0

【後半】
磐田が後半開始から前田とジンギュを投入。DF同士の交代は怪我のせいだろうからともかく。試合の流れを変えたのは前田。
磐田の前線で前田がボールをキープ。ためを作り出す。前線に拠点が出来たことで、磐田の選手達が両サイドともに前に出られるようになる。特に前半と大きく変わったのがジェフの右/磐田の左・・・水野と村井。前半は水野が村井を押し込むことで、攻撃力で自分の守備をカバーし、サイドを制圧していた。しかし後半、村井があがりだしたことで水野の守備の脆さが目立ちはじめる。そして、磐田の1点目、そして同点弾、ともに村井からのボールでやられてしまった。
チームとして前田という磐田の前線拠点、それによるマークのずれ、さらに村井と水野のマッチアップ。そういった綻びが出始めるが・・この日のジェフには、それを修正する体力は無かった。


『風船がもういっぱいいっぱいに膨らんだ状態でした。』
『チーム自体が厳しい状態でした。残念ですけど、そういう結果でした。気持ちを持って、頑張って走って、こういう結果だったので、そこはやっぱり残念です。疲れというもののほうがうちのチームよりも強かったということです』


連戦による疲労がありつつも、それを踏まえて戦いに臨み・・・結果が出た。疲労に勝てなかった以上、次は、勝てるだけのチームにならなければいけない。
これで終わりじゃない。
今シーズンは、あと4試合も残っている。
年が明ければ、新しいシーズンだって始まる。

どんなに悔しくったって、それを飲み込んで、がんばらなきゃ。

『晴れの次は雨ですね』


ならば。
雨の次の、晴れの日をめざそう。

それもフットボールなのだから。
スポンサーサイト

テーマ:JEF千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/36-377a2d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。