Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てた、勝ちたかった柏戦。
勝ちたかったーーーーーー!

勝つチャンスは十分にあったと思うのです。
ピンチもチャンスもお互いに交互に舞い降りてきて、それが「雨」というランダム要素で色づけされて、さらに選手個人の勢いやら自信やらプレイスタイルやらで揺れ動き・・結果は1-1の引き分け。
悔しい結果でした。

このGE連戦・・全て先制されてから追いついて、試合後の気持ちとしてはちょっとホッとしているところも多々ありますが、冷静に思えば・・内容は悪くなくとも、勝ちきれなかった!という結果だと思います。3試合で勝点3、つまりは1勝2敗と同価値・・追いついて引き分けたというホッとした気持ちに比べ、勝点は厳しい状況です。
なんとか、少しずつでも上向きになってくれればいいな・・と。


それにしても・・。
テレビ観戦なのであまり大きな事は言えませんが、失点するシーンの“柔らかさ”は痛いなぁ・・と。しかもアマルが監督である以上、それはたぶん、余程の事が無い限り変わらないだろうな、とも思ってしまいます。
マイボールをつないでDFラインからビルドアップ、展開したいという、そういうイメージなんだろうなと解釈していますが・・、それが上手くいけばいいけれどもサッカーは相手がいます。必ず上手くいくわけはありません。相手を自分達の掌の上に乗せてしまうほどにクォリティが高いかというと、今のジェフはそこまでのチームでもありません。毎試合、敵のプレスにボールまわしがぶれてしまったり、またパスカットされた時にカウンターに晒されたりと、不安定なシーンが見られます。しかも大概は自分達のリズムが相手を上回っている時にこそ、です。

柏戦においても、自分達のミスからパスカットされ、カウンター。そこからのドリブルで失点。
魔が差したかのように、あれよあれよという光景でした。

アマルが目指している(と、オレが解釈している)サッカーにたどり着くためには、この不安定さは必ず付いてまわるものだと思いますが・・それを乗り越えるためにはどうすればいいのか。
選手同士の相互理解を高め、チーム戦術として高めるのか。
選手自信が自分のクォリティを高めるのか。
それともクォリティの高い選手を獲得するのか。
いっそ、そもそもの理想を変えてしまうのか。
・・決して監督個人だけにおさまる問題でもないと思うのです。

監督とGMが、お互いにパートナーとして目指すべきものを共有し、そのために戦術や戦略の両輪がまわっていくのですから・・唐井GMの動きにも期待したいところです。
(GMって・・選手や監督を獲得したらあとはヨロシク!ってそんなんじゃないだろ?と思っているのですが、・・そうだよね?)


個人的には。
アマルの目指すサッカーが、今の選手達を中心に、成される姿を見たいと願っています。
しかし、その前には残留やらナビスコ予選やらという現実があるわけで。

なんとか、一歩一歩、前に進んでいってほしいものです・・。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:JEFサポのひとりさん
コメントありがとうございます。お返事が遅れ、申し訳ございません。
コメントでいただきました情報は、全く持って自分にとって初耳の情報です。しかしながら、どのような経緯があったとしても、ジェフサポと浦和サポの衝突により浦和サポに怪我人がでたという事実は変わりません。せっかくフクアリにおいでいただいた他クラブのサポが、ジェフサポとの衝突によって怪我をした・・その事実をもって、謝罪するには十分だと思いますが、いかがでしょうか?

「そんな事はない!」と思われるかもしれませんが、自分としては試合でフクアリにいらっしゃる他クラブのサポは全て「お客さま」だと考えております。よって、お客様に対しては、おもてなししたいな・・気持ちよく帰っていただきたいな、と思います。ですから、「経緯はともかく怪我人が出た」という事実は、それだけで十分重いものだと考えます。
(これはもう、完全に自分個人の考えで、一般論化するつもりは毛頭ございません)

以上をもって、「申し訳ございません」と思うしだいです。

今回の件につきましては、いろいろとご指摘いただき、ありがとうございました。
【2007/05/13 13:42】 URL | khou #- [ 編集]


再び2005年浦和サポ負傷事件について

11月23日のフクアリでの対浦和戦において試合終了後浦和サポが負傷したのは
事実です。
警察への被害届も出ています。
Jリーグ史上最悪の日立台での柏サポによる名古屋サポ襲撃事件が起こったばかり
だったこともあり、警察は 《被害者》 の供述を鵜呑みにしクラブ側へ厳しい対応を
迫りました。
貴方が浦和サポへ詫びる根拠にしていた一文はその時に警察側から強要されたものです。
私は、直後の万博で行われたG大阪戦において暴力反対キャンペーンを張るべく
いくつかの団体と共にJEF運営と話し合いを持ちました。
その時点では真相は全く不明で目撃者探しを継続し警察に協力することのみが確認されただけです。
《JEFサポ》 の暴力により浦和サポが負傷したと言うオフィシャル文章は前述の通り
クラブ側が事実を確認して掲載したわけではなく警察の 《指導》 によるものでした。
メインスタンドから出てくる観客の動線上で起こった暴力事件にも拘らず目撃者は
一向に現れませんでした。
数週間が過ぎた頃、警察から 《被害者》 の供述には相当数の嘘があったことが旨
JEF運営に連絡があったそうです。
当初、試合終了後芝生の上に座っていたら、いきなりJEFサポに襲われ一方的に暴行を受け負傷した。という供述が
実は、応援していた浦和が負けたのでむしゃくしゃしてゴミを投げつけつけてしまい
当たってしまった観客と殴り合いになり負傷してしまった事が真相との事でした。
喧嘩の相手もJEFサポとは断定できずに当初報道された内容とは様相が違ってきました。
オフィシャルの文章が訂正されなかったのは負傷者が出たのは事実であることと
当初サポ同士の衝突として立件しようとした警察が振り上げた手の下ろしようが無くなり
ネット用語で言う担当者逃走状態で 判らない の一点張りでクラブとしても訂正しようが
無かった様です。

以上の事を私が前回のエントリーで指摘した時点でクラブ側へあなた自身が確認して
頂きたかった。その上で「浦和サポさん御免なさい」が妥当であったか考えて欲しかった
対戦相手へのリスペクト、非暴力には賛成いたしますが気軽に良い人演じ、その検証を
しない態度は賛成できかねます。



【2007/05/09 02:21】 URL | JEFサポの一人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/452-33d407ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。