Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストヤノフ退団か、アマル退団か。
結果が出ないジェフにおいて。
ついに、戦う選手自身から監督批判が飛び出してきました。
しかも・・主力、要である、ストヤノフ。

「千葉ストヤノフ退団覚悟のアマル監督批判」(ニッカン)

記事において、具体的に彼がアマルを批判しているのは二点。
===
1:練習に戦術要素が組み込まれていない。
2:試合で劣勢な状況でも、監督からは指示も采配もない。
===
おそらくこれは、去年アマルが監督になっていらい様々な形で積み重なってきたストレスが一気にあふれてきたのでしょう。「1」に関しては、同様の不満をキャンプや日常の練習でも思っていたかもしれませんし、「2」に関しては練習試合だけではなく今までの公式戦でも思っていたかもしれません。

ロッカールームやベンチからの指示/采配・・各種のコミュニケーションがどうなっているのかはわかりませんが、試合後のアマル監督のコメント・・他人事っぽく聞こえてしまうあの発言は、・・普段から、あのようなスタンスで選手達とコミュニケーションしていたのかもしれません。

・・オレはずっと、あのアマル発言は対マスコミ用に、自分の本音を押し殺すためのポーズだと思っていたんだけどなぁ・・。
ウチの奥さんはアマルコメントを読むたびに「もういい、喋るなっ!あんたが監督でしょっ!」とムキーーーッとなってるけれど、やっぱり選手達もそうだったのかな・・。


なんにせよ。
今のジェフは、全く結果が出ていません。
このままでは降格まっしぐらです。

サポは外からしかクラブ/チームの内情をうかがい知ることはできません。が、なまじ感情をこめて試合を見てしかも人によって求めるものが違うために、自分基準で、喧々諤々、言いたい放題になってしまいます。
それはウチに限ったことではありませんが、やれ監督を変えろとか選手の起用がどうだとか、あの時あのタイミングのプレイはどうなのかとか・・まぁ、それ自体も楽しかったりするのですが(苦笑)
でも結局は、それは部外者/門外漢の台詞なんですよね・・自分なんかはまさにそう。なので選手や監督に対して、辞めろ/帰れ/怠けるな等はなるべく言わないように努めてます。

だからこそ。
この、ストヤノフの台詞は・・ショックです。
つまり、今のジェフはそういう状況なんだと、見せ付けられてしまったから。

勝てないストレスが監督に向けられているだけなのか。
それとも彼に限らず複数の選手がやはり同様の不満を抱え、反感を高めているのか。
真っ当な批判なのか、感情の暴発なのか。

いろいろと慎重になりたくはあるけれども。


・・監督も選手も、プロである以上、最後は結果で判断されるべきで。
その結果は、言わずともがな。


フロントは、どうするつもりだ?

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

コメントありがとうございます。

===<ストヤノフ/アマルの二者択一に関し>===
背景や事情や現状がどうであっても、体制批判発言をしたストヤノフに対し、ジェフフロントは何かしらの処分をしなければならないと思います。おっしゃられるとおり、「造反者/批判者は即排除」というのは極論ですし、愚かな対応です。
しかし、「二者択一」の場を作ろうとしたのは、フロントでもアマルでもなく、ストヤノフです。ストヤノフ自身がメディアへの発言で自らの去就を掛け金としてテーブルに載せてしまった以上、それをフロントとしては無視するわけにもいかない。
今回、謹慎一日という処分が発表されましたが、これは「二者択一」という場で進めたくないというフロントの判断だと思います。(追加処分がなければ、ですが)
その点、唐井GMの政治判断はアリだな、と。
注目すべきは、この先、どこにつなげようとしているのか・・ですね。

===<感情抑制に関し>===
このblogではいつもなるべく感情を落ち着かせてから書くようにしていますので、ご指摘されている点は実際そうかと思います。今シーズンでは、特に磐田に負けた試合で・・試合後に泥酔して部屋で吼えまくるような醜態を晒してしまいました(苦笑)
その点に対する、サポはもっと感情を露わにしてもいいのでは?というご意見ですが、確かにその通りかもしれません。それはゴール裏/メイン/バクスタという観戦スタンスや、どのようにジェフをすきなのかと言う距離感に限らず、もっとわがままでもいいのかもしれません。
特にご指摘にあった「思考停止」というのは、グサッときました。このblogにおける自分のスタンスは、自分の中でそれなりにルールがあるのですが、そのルールによる思考停止は確かにあったかもしれないなぁ・・と。
考えてみます。

・・かといって感情優先で書くと「ポエム」になっちゃうので、それはそれで難しいですよね(苦笑)
【2007/06/17 12:35】 URL | khou #- [ 編集]


いつも拝見しております。
 タイトルにある二者択一の決断を迫られているという危機感に同感なんですが、そこで誰も仲立ちをせず、どちらかが辞める、あるいはどちらも辞めるということになれば、、それこそが問題だと思います。昨年末の坂本の件をまた繰り返すのかと。

 ストヤノフを抜きにして勝てるとはおもいませんが、チームの規律を守るためゴールを守れず試合に勝てないとしたら、アマルにも責任があります。大事なのはチームが勝つこと。そのためにみんなでがんばる。それが『Win By All』でしょう?『チームの規律を守るためには、造反者は取り除いて、それで負けても構わないorしょうがない』 これでは逆じゃないですか?

 おそらく管理人さまも、内心ではもっと忸怩たる思いを抱えてらっしゃるのでしょうが、サポも自分の感情や意見、時には戦術論についても、素直になってもいいんじゃないでしょうか?私はブログはやっておりませんが、失礼ながら最近のジェフ系のWEB、ブログなどはそういう自分の本音、自由な考えの部分を押し殺して、チームを信じることで思考停止しているような気がしてなりません。もちろん、奥歯に物の挟まった文章を書くみなさんのほうが、もっとつらいと思いますが。。

 「サポは応援するしかない」と限定し、クラブを心の底から応援してゆくエネルギー(というべきかわかりませんが)も限定していいのでしょうか?
負け試合の後の生暖かい拍手とか、サポが変に気を使いすぎて、逆に心がこもってないような気もして、自分にも選手にも偽りの雰囲気を感じて疲れてしまいます。心の底から好きになり応援できるクラブにするために、時に意見や感情の爆発させるってのも、めぐりめぐって愛する選手やクラブ、そして自分のためじゃないでしょうか?

 私は、ストヤノフにこんな汚れ役をやらせて申し訳ないくらいの思いです。こんなことを彼に言わせる状況になったのは、実はストヤノフのせいじゃない。アマル監督にも社長にも、主将にも、日本人選手にも、そして自分を含むサポにも「悪かったイリアン。もう1回、共に戦おう」という姿勢こそがみたいです。そうなってくれることを祈りながら。明日はスタジアムに参ります。
【2007/06/16 17:40】 URL | 長文で失礼します #GCA3nAmE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/471-19f9fc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。