Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯は無残な試合。・・ジェフ陣、総崩れ!
トップが負けリザーブズが負けレディースも負けた週末。
ユース達がサハラカップで勝ったため、厳密には“総”崩れではないのですが、気分的にはそんな感じです・・。
なんにせよ天皇杯の負けっぷりのせいで、心に寒風吹き荒ぶわけで。
いやはや、もう。

試合全般を振り返れば、みんながみんな少しずついつもより悪く、チームとしての意思がばらばらで、最初から最後まで何かネジがゆるんでいたような印象。
「がんばってがんばって力及ばず」という敗戦ではなく、「ありゃ?あらー、負けたかー」というような無力感。だからそれ故の惨敗と、情けなさ。
その中にあって、気持ちを最後まで切らさなかった水本とか新居とかが不憫。
そんな徒労感が積み重なると、いつか彼らの気持ちが切れてしまい、そうすれば・・出て行っちゃうぞ、まったく・・。

この、チームとしての箍が外れた状態。
原因をアマルのチームマネジメントに求めるか、フロントの何かしらに求めるか、それとも選手達自身の意識に求めるかは、見る人それぞれだとは思うけど。
この試合に関しては、「気持ちがバラバラ」で心構えに緩みがあった選手達自身に最大の理由があると思える。そしてそれを律せられず、一本の筋を通すことが出来なかったという点で、アマルには、監督・・ボスとしての至らなさがあったんじゃなかろうか。
(アマルからすれば、試合に臨む心構えくらい、選手自身が自らを律するべきだと、そう思ってるような気がします)

兎にも角にも。
残念だった。


で、個々の選手雑感。

【工藤】
がんばってた。ポジショニングもよくなっていたし、前に進もうという気持ちも見えた。大分戦の面子の中では目立っていたと思う。
で、そこで一つ気づいた事を。工藤は足技もあるし視野も狭くないし、テクニックもある。羽生とは違った役割で、中盤で戦う事ができる。でも、「他人を使う」パスは、まだまだなんじゃなかろうか。例えば後半、山岸と連動してジェフ右サイドによく絡んでいたけれども、山岸を走らせたり飛び込ませたりするようなパスっていうのは、ほとんど無かったと思うのですよ。もちろん山岸以外へのパスもそう。工藤からのパスが他のプレイヤーに出た時、“その次”のプレイはパスを受けた選手に委ねられている。工藤自身としては、二手先三手先、自分のパスの次までイメージしているかもしれないけれど、それがつながりづらい。・・つながった時は、広島戦のロスタイム同点劇となる。
工藤には是非ともそこを一皮剥けて欲しいし、それが工藤には期待できると思うのです!

【山岸】
水野不在を受けていつもより高い位置でがんばっていたけれど・・。
んー・・。やっぱり彼は、水野みたいに自分自身のアイデアとメンタルで、敵に仕掛けられるような選手じゃないと思う。周りがメッセージ性を持ったパスを出して、猟犬のように彼を走り回らせるほうが、似合うと思うんだよなー・・。
ボールを持ってから「はて、どうしよう?」と考える時間を、彼に与えちゃいけない(苦笑)
だからパスの出し手がボールを出すときに、既にその時点で「ボールを受ける山岸が何をすればいいか」が明確になっていた方がスッキリする。そういう意味では、ハース/クルプニ/ストヤノフ達が、山岸に出していたパスっていうのは良かったよなーとか思います。

【青木】
後半頭から楽山に代わって登場。山岸が右に入り、青木は左サイドに。
彼には絶対何かがアル!とずっと思っているのですが、でも楽山を押しのけて「サイドでスタメンを張る」のは、やっぱりまだまだ修行しないといけないんだなぁ・・と思ってしまいました。
左サイドで入ったんだけど、動きがSMFのソレじゃないのです。FWの動きというか、真ん中目の選手の動きに見える。敵にボールをつながれサイドを崩されそうになるとそれが顕著で、守備する動きも位置取りがおぼつかない。大分戦では羽生がかなり一生懸命青木のフォローに入っていたから破綻しなかったけど・・。でも、左サイドでスタメンとなったらそれが90分間続くわけで。それを思えば、現状ではまだ「左サイドでのスタメン起用」には二の足を踏むだろう。
いや、もちろん彼の本職はFWなんだけどさ。
一度、中盤からのスルーパスに見事に飛び出し、敵DFの間をすり抜けた動きは凄かった!

【伊藤】
広島戦に続いて出場した伊藤。二試合連続で手に入れたチャンスに、彼はプレイで応える事ができたと思う。
攻めるしかない後半には中島が中盤前目まで進出。彼の代わりに伊藤が最終ラインに入り、一時は斉藤まで上がって人数が少なくなった守備陣で奮闘する。
以前よりもプレイが落ち着いて見えたし、体の強さは健在。後ろから敵が体を預けてもびくともせずにゴリゴリと進む姿は素敵。スピードが無くとも読みがよく、敵の攻撃に立ちはだかっていた。今までプレイをほとんど見る事もなかったけれど、ここにきて個人的な期待が急上昇!
・・それに二試合連続の起用という事は、アマルの脳内格付けもランクアップか!?
そして、携帯のジェフ公式で読んだ「姉崎日記」を見て、しみじみ・・。
がんばれ!

【巻/岡本/楽山】
個人的な残念ポイント三人。
楽山はボールを受ける動きや位置取りは、やはり青木よりずっと良い(そりゃそうなんだけどさ・・)。ボールをフリーで受ける、敵のDF陣をかいくぐって自分の位置取りを見つける等、動きはいいところが結構あったと思うのだけど、ボールを受けた後。そこからが、ミドルもなく、縦に突っ込む事も無かった。足技はあるハズなのに。あともう少し、もう少しでぐんと活躍できそうな気がするんだけど・・。
巻もこれまた残念。どういう原因か・・コンディションかメンタルかそれとも故障なのか周りとの連動なのか・・理由はわからずとも、「巻が目に入ってこない」。単純なハイボールの競り合いにも苦戦していた。後半、ペナルティエリアであまりに簡単に両手を投げ出して倒れたシーンは、「ダイブでシミュレーションを取られなくて良かったね」と思ってしまった・・。
岡本は・・うん・・もう一度、自分が得意なプレイやどんなGKでありたいのか、それをDF陣を話し合った方がいいと思う。3失点目は広島戦の繰り返しだったし、1失点目もあきらかに連携が壊れていた。何よりも、1失点目の後のシーン。キックオフに備えてポジションを上げていくDF陣、彼らの後ろ姿に両手を挙げ、拳を振って、叫んでいる姿が、今にも泣き出しそうに見えた。


なんにせよ。
あんな情けない試合はもう見たくない。
勝ち負けは、戦って初めて言えることだ。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/585-601830b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。