Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマルと来期に思うこと。・・熊本/岐阜 J2オメ!、オシムは会話を!
今日もジェフの選手が移籍というニュースはありません。
ほっと一息。
いやもうこの時期は、スポーツ新聞のwebやらあちこちのサポのblogやら各種掲示板やらをひととおりぐるぐる巡るのがもう毎朝の日課。・・「ヘンなネタが来てないかっ!?」と毎朝戦々恐々なワケです。そのせいで寝不足になるわ遅刻しそうになるわ。

おかげで、「大分の梅崎が浦和を狙う」「~満額で完全移籍」「しかも大分からは福元までG大阪へ」「金正友が名古屋を退団」「マギヌンが川崎を退団、名古屋へ」「フッキは東京Vから川崎に」「ロペスが仙台を退団、横浜FMへ」だのと、いろいろと情報を見つけては読んでしまって時間が流れてしまいます。
しかも今朝は、「浦和は新潟のエジミウソンと仮契約、しかしポンテが靭帯損傷で全治六ヶ月!」という話まで出てくるし・・。
いやはや・・。

ちなみに、去年の移籍騒動ですが、シーズン最終戦の横浜FM戦が12月2日(土)。その三日後、12月5日(火)には情報が出始めてます(2006/12/5「G大阪が水本獲り!? 名古屋が阿部獲り!?」)
なので移籍市場はまさに今週開幕!!であり、先陣をきって出始めたこれらの情報が今期の移籍連鎖の始まりとなるのでしょう・・。

で。
そんな中でのジェフですが、来期の人事情報はこれからです。
契約満了選手の発表はまだですし(まさか黒部一人?)、リザーブズの選手達がどうなるかもまだ見えてきません。しかし何かしらの動きがあるのは確実です。
そのような最低限の「自らの整理」と同時に、各クラブの人事補強の荒波から主力を守り、さらにはジェフ自身の補強というチャレンジも必要となる。
それらにむけた構想はとっくに考えられてきてるのでしょうが、はてさてどうなるか。

なので、今期の陣容が揺れ動く前に、何よりもまずアマル監督および来期のチーム編成に対して思っている事を軽くまとめておきたいと思います。
自分自身が何を考えているか、自分に対して立ち位置を定めるという意味でも。


まず、アマル監督に対する自分の評価ですが、彼が指揮をとった一年半を見て・・今の順位や結果は「今の監督と今の選手達」の現実なんだろうなと、しみじみ思っています。
絶対的に監督が悪いとか、選手が悪いとかじゃない。
言い切ってしまえば、「不適合」。
アンマッチ。

これは決して人間関係の不適合ではなく、アマルが実際にやろうとしているサッカーと、今のジェフの選手/戦力(質も量も)が噛みあっていない。
選手達の非を問えば、「選手の質が低い」「技術が拙い」「メンタルが弱い」と言えるでしょうし、「アマル監督の目指すサッカーに向いていない」とも言えます。
また監督を責めれば、「現有戦力に見合った戦術や目標を定められない」「監督としての器がまだ小さい」「引き出しが少ない」「理想に拘泥して現実が見えていない」とも言えるでしょう。

そもそも・・監督に限らず上に立つ人には二種類あって。
結果を出すために今の戦力/手駒を最大化できる方法論を考える人と、やりたい方法論/実現イメージから逆算して手駒を当てはめていく人。この二つがあると思っています。
その両方を奇跡的なまでに高いレベルで融合させ、あわせもっていたのがイビチャ・オシム。
手駒や時間があったとしても、あくまでも結果優先/効率最大化を図るのが、岡田武史。
反町康治は、基本的には自分の理想のために手駒を当てはめていくけど、結果が出ないとどっかで切れて開き直って、現実最優先に180度転換するというイメージ。その分だけ監督としての未熟さもあり、また可能性もあり。
そして自分のサッカー観や完成イメージを選手に対して落とし込み、あとはその完成図に向けて進んでいくのがアジウソンやペトロビッチ、アマル・オシム。
そんな解釈をしています。

もちろん二つに大別できるといっても、誰でも先の両面を持ち合わせているのが当然です。あとはどこでどうやって、現実と理想の折り合いをつけるかが監督としての手腕。
アマル・オシムの場合は、そこがとてもとても、自らの描く理想像の実現に・・寄っているな、と。
それは、監督としての若さだろうなぁ・・と。


だから、アマル続投というのも、それはそれでアリなんだろうなと思います。
でも続投させるなら、そしてその上で上位進出を目指すならば、彼が望んで必要とする選手の補強をすべきです。それがアマル監督続投を決意したフロントの責務。
それには主力選手の意図的な放出も含めて抜本的な選手編成の見直しが必要になるかもしれません。しかしアマル・オシムという監督を続投させる以上、彼の特性や理想観をフロントが選んだというわけですから、それを実現できる選手が必要になるのは当然です。

または、チームとして今の選手達を優先し、彼らをベースとして、その上で選手達の特性に則った監督を起用するのでもアリです。

どちらでもアリであって。

そのどちらを選ぶかは、予算やクラブビジョンの双方からフロントが判断する必要があり・・それがフロントの力(資金力や政治力や見極める力もふくめて)だと思います。

どちらともに対してはっきりとした意思をもたず、合理的な判断もせず、ただ、今の監督と今の選手を継続し、その延長で上位を狙うというのなら。
それこそ、監督と選手の双方が大きく成長しないと結果を出すのは難しいでしょう。
しかし、今年がこのような成績だったのですから、その現実だけは、踏まえなければいけません。


今回の「犬の生活」で西部さんが書いているとおり。
来期も結果が低迷してしまえば、主力選手が流出するのは避けられないと思います。
ジェフはそこまで、付加価値が高いクラブじゃない。
だから来期は正念場であり、それに向けたチームの戦力編成・・これがとても重要になる。

選手が移籍して出て行く事ばかりを闇雲に恐れるシーズンオフではなく。
引き止めるも、獲得するも、そして意図的に放出するもあわせて。

ジェフというクラブの行く末を大きく左右するシーズンオフだと思っています。



===<熊本と岐阜がJ2参入!>===
「ロッソ熊本、FC岐阜がJリーグ入会」(Jリーグ公式)
「ロッソ熊本 公式」
「FC岐阜 公式」
「最終戦大勝 J2入り、3日承認」(がんばれ ロッソ熊本/熊本日日新聞)
「FC岐阜「J2入り」の吉報に拍手と歓声」(岐阜新聞)
「FC岐阜 J2入り」(岐阜新聞 電子号外 PDF)
「熊本、岐阜のJ2昇格が決定」(ニッカン)
「Jリーグが熊本、岐阜の加盟を承認」(スポニチ)
「熊本&岐阜J2新加入承認…来季3回戦制に」(報知)
「ロッソ熊本&FC岐阜の新規加盟承認!来季J2は15チーム」(サンスポ)

JFLをそれぞれ2位と3位で戦い抜いたロッソ熊本とFC岐阜。
これで来シーズンからのJ2参戦が決まりました!
おめでとーーーー!

来年は15チームの3回戦制になるんだけれど・・中立開催とかどーするんだろ・・。



===<でもって地域リーグ決勝大会も完結!3チームが来期JFLへ!>===
「【第31回全国地域リーグ決勝大会】混戦を制したファジアーノ岡山FCが優勝!(07.12.02)」(JFA)
「NW北九州逆転でJFL切符/地域リーグ」(ニッカン)
「話題:夢へニューウェーブ北九州、JFL昇格決める」(毎日)
「NW北九州 逆転昇格 全国地域リーグサッカー全国大会決勝R」(西日本スポーツ)
「ファジアーノ岡山 JFL昇格」(山陽新聞)
「サッカー:全国地域リーグ決勝大会 ファジアーノ岡山、念願のJFLへ /岡山」(毎日)
「FCMi-Oびわこ、JFL昇格 サッカー、草津拠点に活動」(京都新聞)

地域リーグ決勝大会ではファジアーノ岡山が優勝、そして2位がニューウェーブ北九州で、3位がFC Mi-O。熊本と岐阜がJ2に昇格なので、岡山/北九州に加え、FC Mi-O、・・以上3チームのJFL参入が(ほぼ)決定!

みんな来期もがんばれ!!!



===<オシム監督が会話!>===
「オシム監督は家族と短時間の会話」(ニッカン)
「オシム監督 家族と話した!」(スポニチ)
「オシム監督が短い会話始める…後任決定も協会はサポート続行」(サンスポ)

・・・!
それがどれだけの「会話」だったのかはわからない。
ちゃんと「言語」になっていたのかもわからない。

だけど、少なくともコミュニケーションをとって、音を発することができたわけで。
それだけでも随分とほっとする。
本当に嬉しい。

脳梗塞という病気は、どれだけ大きな後遺症を残すかわからない。
それが一番怖い。
言葉を話すこともできなくなるかもしれないし、身体もどれだけ動かせるように戻れるかわからない。

だから、こんな回復のニュースひとつひとつが・・とても嬉しい。
まだ集中治療室だとしても。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/610-af9fec3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロッソ熊本 j2のご紹介

「ロッソ」名称変更方針の公表遅れで謝罪文熊本日日新聞 (会員登録)日本フットボールリーグ(JFL)2位のロッソ熊本の名称が商標登録できず、Jリーグ参入後に変更される可能性が強まっている問題で、運営会社のアスリートク ナイスなママがお届け最新時事ネタ秒速瞬間ニュース速報!【2007/12/04 15:49】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。