Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水戦は、成長過程の敗戦。
「戦う覚悟はできている」
びゅうプラザのコピーがすっかり刺さってしまい、そこからイメージがつながって、
ブチャラティの名台詞が、2008ジェフに対するオレのキャッチコピーなわけで。

「覚悟はできているか?俺はできている」


石にかじりついてでもJ1に残留すべき今年のジェフとしてみれば。
清水戦の正直な印象は「思っているより全然戦ってるよ!」という結論です。今後のジェフを悲観する試合じゃなく、逆に期待を持てる試合だろ?と。

そりゃもちろん、勝てなかった。引き分けもできなかった。勝ち点を手にできなかった。
自分達のミスも多く、立ち上がりはリズムも悪かったし、流れを握っても決定機に決められなかった。
敵の主力を抑えきれずに何度も自由なプレイを許し、しかも敵の清水守備陣を崩せたわけでもない。
それが現実だとしても。

G大阪戦はひたすらに守備に徹し、キャンプから練習を重ねてきた4バックではなく、実質3バックの3-6-1で試合に臨んだ。これを清水戦では「ちばぎんカップ」同様の布陣に戻し、クゼの思い描く2008スタイルをいよいよ実戦投入。実戦投入したという事は、最低限、この布陣である程度は戦えるとクゼが踏んだ、もしくは、戦えないのであればこの先に熟成させる事もできないだろう、という事だ。
そして馬場がいきなりの先発。
先制された後は、その馬場を迷うことなく下げ、谷澤の投入。
さらに期待している青木孝を下げ金沢を投入し、点を取りに行く采配。

2失点共に、まずは敵のミドルを褒めるべきであって、自ら守備に綻びを生んでしまったのであり、破られたわけじゃない・・通じなかったわけじゃない。
あれを撃たせてしまったのは、チームとして選手としての未熟さであり、それは選手自身の成長やチーム戦術の熟成で、今後乗り越えられるものだろう。

【1失点目】
藤本がボールを持った時、馬場はピッチ中央に動き、「藤本をマーク」という監督の意図でキックオフ時に右に配置された下村は、マンマークよりも自分のカバー範囲の守備に備えてしまう。この二人の動きで藤本の前に道ができる。さらに中島は、DFライン直前でアンカーを務める役割上、まずはリトリート優先で後退中であり、藤本の進出するスペースを埋める動きができていなかった。このスペースに、道が空いた藤本が進出。センターラインを超えても、尚、前進。
この時点で後退中の中島が、藤本の前のスペースを埋めるために動き直す、が、遅れている。
さらに藤本の行く手に一番近かった松本も、まずは清水左サイドのマークを優先で後退中であったために、藤本を抑えるべきか自分の本分にとどまるかで躊躇。ためらった後、藤本の前を塞ごうと動くも・・間に合わない。
最後は、撃った藤本自身も驚くようなボールの変化に、立石がフィスティングできず、先制点。

【2失点目】
両チームがボールを奪い奪われ、数瞬間のピンボールとなった流れの中で、トップ下の位置まで攻め上がっていた中島がボールを受ける。攻め上がっていただけに敵の密度も高く、後ろを向いてボールを受けたところを、中島の背後からアタックされ、ボールを奪われてしまう。
それまでジェフのペースで試合を進めていた影響か、攻め疲れか。
ボールがめまぐるしく行ったり来たりをした隙を突かれ、ジェフの選手達が戻れずにぽっかり空いた中盤を、岡崎が強襲。
松本が迫るも、厳しく行けないままにミドルを撃たれ、勝ち越しゴール。


どちらも、誰か一人がどうこうという失点じゃない。チームとしての守備戦術が熟成されればもちろんフォローできる内容のものだ。
2失点の責任をあえて考えれば・・
 ・下村のプレイゾーンを広さ故に空いてしまうスペースを誰がフォローするのか。
 ・チームの一員として、どう動くべきなのかがかみ合わないままだった馬場。
 ・アンカーとして周りのフォローに駆け回った中島のガス欠。
 ・岡崎への間合いを詰め切れなかった、松本の守備の未熟さ。
こんなところだろうか。

攻撃が未完成なのはクゼも選手も自ら認めているところ。
一方で守備においては、G大阪戦も清水戦もある程度の戦いはできたと思える。
チームとしてどう守るかというのも、はっきりしつつある。
今のチームはまだまだ未熟。今のままでJ2に参戦しても、かなり苦戦し下位に低迷してしまうような内容だろう。どうやって勝つのか、そのチームとしての骨格すら未完成な現状なのだから。

だけど、開幕2試合で守備に関しては、あきらかに一歩ずつ良くなっている。
清水戦後半は攻撃面においても、クゼは手応えを感じている。
攻めては、中盤でのプレスから人数をかけて縦に早く攻撃。
守っては、中盤でのプレスからアンカーのところでボールを奪い、破られても4バックで食い止める。
そんなサッカーがこの先にあるんじゃないだろうか・・?


一つ一つ、強くなれ!



===<選手雑感>===
立石: 股間を抜かれそうなシュートをぎりぎりで押さえたのはナビスコ決勝の再現か!
     他にもフェルナンジーニョの突破を止めるなど活躍。
     あの1失点目は、柏戦の川口同様、今年のボールの揺れ方が予想以上だったんだろうな。
斉藤: 致命傷になりうるミスもあったが、ボスナーと二人で体を張って堅陣構築。
ボスナー:いやもう、ボスナー様々。思っていた以上にスピードに対応できるのもステキ。
      あと、体格やプレイのハードさの割りに、ファウルを取られないのが凄い!
      あのカードは異議だったのかもしれないが、これで日本の審判に慣れてくれれば。
坂本: 左サイドを攻め上がるだけでなく、敵の危険な突破やパスを何度も防ぐ。
     しかしやはり真骨頂は、味方の鼓舞やプレイへの指示出しだろう。
松本: 後半、谷澤が投入されてからの攻めがメダル。谷澤の動きで前にスペースが生まれたか。
     しかし2失点目の岡崎のミドルを撃たせた要因の一つだけに、守備はまだまだこれから。
中島: 後半70分くらいまでは攻守に活躍していたが、何度かミスやボールロストが目立つ。
     扇の要として奮闘しているだけに、悪目立ちしちゃうよね・・。
下村: キックオフ時は右サイド、試合中に中央に位置をうつす。やはり下村は真ん中の方が生きる。
     高めに位置する事で巻とは違った形で攻撃の足がかりとなれるか。
馬場: もったいなかった。ボールをよく捌いていたし、やわらかいFKも魅せた。
     しかしまだまだ周囲との連携不足があらわ。
工藤: 体格で力負けするシーンがあるも、それでも運動量と足技で90分間、奮闘を続ける。
     やはり試合に出続けるとどんどん成長するんだと驚くばかり。
青木孝:G大阪戦に比べて迷いがあったか?前節のような思い切りは見られなかった。
     ただ今の彼は、スーパーサブから主力に脱皮した時の水野に通じるようで、これからに期待。
巻:  去年よりもずっと体が切れているが、あのヘディングさえ決めていれば・・!惜しい!
     前半終了時、下がりながら下村や青木に激しいトーク。チーム中核としての自覚?
谷澤: 「最も印象に残った選手」・・と、誰もが思っただろう。攻守両面の運動量でチームを活性化。
     彼が動いて敵DFを乱すから松本も前に上がれていた。
金沢: Jデビューおめ!!! さすがにまだまだ見せ場は作れなかったか。

J02清水_0315b.jpg  J02清水_0315a.jpg




===<オシムにシーズンシートをプレゼント>===
「千葉イレブン「オシム専用」シート贈った」(報知)

ジェフの選手達が、オシムやアマルらにフクアリのシーズンシートを贈ったとの事。
チームとしてはVIP席も対応したいそうだし。
・・ぜひ、フクアリにその姿を見せて欲しい。

でも。
報知とかニッカンって、ジェフのこういう小ネタをひろって来ることが多くなったよな。
ありがたいことです!




スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:かもしかさん
コメントありがとうございます!

あの1失点目は確かに・・(苦笑)
失点シーンだけではなく、馬場out谷澤inまでは、去年の二の舞みたいな匂いはありましたね・・。

だけど。
やっぱり最後負けても挫けていなかった姿というのは、今年のいいところだと思うのです!
(去年は、挫けずとも閉塞感たっぷりだったので・・)

いつも見ていただいてるとの事、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたします。
【2008/03/19 00:20】 URL | khou #- [ 編集]


正直、1点目が入ってしまった時、
「あぁ、去年と同じかなぁ」 と。
その瞬間は、あんま信じてませんでしたが…。

でも、選手は下向かないし、
ファンは心なしか
立って拍手してる人が多かったような気が。

みんな、
なんとなく「手応え有り」なのではないだろうかと。
まぁ、その一人でしょうな。


ご挨拶が遅れましたが、
かもしか28歳です。
毎日拝見させてもらってます。
これからも頑張ってください。
めっちゃ、おもしろいっす。
【2008/03/18 10:17】 URL | かもしか #HTo0Rd8s [ 編集]


To:かもしかさん
去年は選手達が一様に追い詰められた顔で、挫けそうなところをぎりぎりで堪えていた印象があります。例え負けても、きっと見ている自分達以上に選手達には何かしらの実感や手応えがあったんだろうなぁ、・・だといいなぁ・・と(笑)

去年の清水戦二試合に比べて、ずっと戦えていたと思います!
【2008/03/17 23:10】 URL | khou #- [ 編集]


選手たちが引き上げる時、
誰も下を向いてないのが印象的でした

坂本隊長が引っ張ったのもあったけど、
なにか希望を持てる試合だったように見えましたね
【2008/03/17 20:16】 URL | かもしか #HTo0Rd8s [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/705-2fabd07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。