Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【審判批判コメントは全部削除!】について、J's GOALに電話してみた。
リアルタイム速報や各種コメント、それにレビュー/プレビューなどなど、Jリーグ好きにとってはとても貴重な情報発信サイトであるJ's GOAL
だけど、いつもいつも、全てのクラブの監督や選手コメントにおいて、審判批判の内容はバッサリ!問答無用!情け容赦無用!で削除になってしまいます。それはジェフがどうとか、川崎がどうとか、鹿島だとか浦和だとかクラブを問わず、J1J2も問わず、全てに共通する絶対ルール。

この前の川崎戦ですが、今回もまた、クゼ監督のコメントが思いっきり削除となってます。
以下、比較用リンク。
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「Jリーグディビジョン1 第3節 vs 川崎フロンターレ」(ジェフ公式)
「2008 Jリーグディビジョン 1 第3節 vs.ジェフユナイテッド千葉:開催データ」(川崎公式)
「千葉「審判がひどい」いまだ未勝利…J1第3節」(報知)
「千葉はリーグ初勝利おあずけ…クゼ監督が審判に怒り心頭」(サンスポ)

J's GOALに掲載されているのは、クゼコメント中ほんの冒頭部分のみ。
以後の、クゼの「オレはこれを言いたいんだ!」部分はJ's GOALではまるまるカットされています。このカット部分は、ジェフと川崎という試合の当事者に加え、第三者である記者も確認しており、それも報知/サンスポの記事で確認する事ができます。サンスポによれば、試合後、20分以上マッチコミッショナーと審判の件で話をしたそうな。

で。
当然ですが、これはこの試合に限った話ではありません。
前々から、ずーーーーーーーーーーーっとです。

なので!
前々から気になってたんで!
この機会にJ's GOALに電話して、「なんで?」って聞いてみた!!!


===<注意書き>===
・決して、川崎戦のジャッジに対して不満を言いたいわけじゃありません。
・また、特定審判や特定試合に対する不満も、一切、口に出してません。
・クレームを入れたいわけでもないので、自分自身の意見を主張してもいません。
・あくまでも、J's GOALにおける「審判批判コメント削除」のみをテーマに、
 先方の見解をお伺いする事に主眼においてます。
・決して、エイプリルフールネタじゃないよ!ちゃんと電話したんだよ!


===<一番大事な、注意書き>===
メモを文章おこししておりますので、J's GOALご担当者の発言も文脈も、ニュアンスや言葉遣い(単語の選び方や使い方)なども、実際のものとは多少変化してしまっております。また文章にまとめる際に、会話の流れも整理し直しております。
それらは全て自分の責任です。ゴメンナサイ。
よって、以下は、自分自身が電話で会話した内容を、「オレはこのように受け取って理解した」という意味だとご理解ください。
「発言した内容の事実そのまま」ではない事、ご理解いただけますよう、お願いいたします。


===<会話の内容>===
【前振り】
お忙しい中申し訳ございません・・云々

ご意見ありがとうございます。審判に関する同様のお問い合わせやご意見は、皆様より色々お伺いしており・・云々。

【質問1】
審判に関するコメントがすべからく削除されるのは何故ですか?

クラブや監督の皆様に様々なご意見があるのは当然であり、また、もう一方の当事者である運営側や審判側にも同様に見解がございます。クラブ側からの申し立てを受けますと、その内容の確認や承認など様々な手続きが必要になります。ですので、それらの確認が終わっていないままに、一方の当事者側の見解(コメント)のみを、Jリーグ公式であるJ's GOALに掲載するのは控えさせて頂いている次第です。

【質問2】
手続きに時間が必要だとしても、その手続きもいつかは完了します。終わった後に、該当する試合に遡及してコメントの再掲載は行われておらず、削除されたままですが?

手続きは、必ずしも次の試合までに終わるとは限りません。またコメントは当日のその試合のコメントという事で運営しておりますので、遡って掲載という事は行っておりません。

【質問3】
クラブからJリーグに対する異議申し立ての結果等も公開されておりませんが?

それはJリーグの広報でないとお答えできません。

【質問4】
クラブや監督と同様に試合の当事者である審判自身のコメントもありませんが?

現在、審判が自分の担当した試合に対してコメントする機会は設けられておらず、よって審判自身のコメントが掲載されるような事はございません。

【質問5】
J's GOALはどういう立ち位置なのでしょうか?

あくまでもJリーグの公式ファンサイトという立場で運営しております。
(※ジャーナリズムに則って運営しているのか?を確認したくて少しやりとりした結論)

【質問6】
審判に関する注目が高まってますが今後も削除を続けるのでしょうか?

今後の全てに、私が全責任をもってお答えできるわけではございませんが、皆様のご意見をお伺いしつつ皆様に喜んでいただけるよう改善に努めていきたくと考えております。

【結び】
お忙しい中、わざわざお答えいただきありがとうございました・・云々

こちらこそ、貴重なご意見ありがとうございました・・云々。


===<まとめ>===
・審判批判コメントの削除は、J's GOAL公認であり、意図的に行われている。
・でもって、J's GOALはリーグ公式の「報道メディア」ではない。
・J's GOALはリーグ公式の「ファンサイト」である。

という感じでした。
ご対応いただいたご担当者の方は若くて頭よさげで、且つ本当に真摯にお答えいただきました。
ありがとうございます!


個人的には、もう、
「そっかー、J's GOALはファンサイトか!だったら審判批判コメントの削除もしょーがねーな!」
と、ものすごく納得してしまいました(笑)

J's GOALを報道メディアだと思ってるから、審判批判コメントの削除に対して、違和感や疑問を感じるのであって。いやいや、ウチはJリーグ自身による公式ファンサイトであって大本営発表なんだよ!・・とそう言われてしまえば、そりゃもう削除も当然、異議申し立ても何もない・・(苦笑)
よって、J's GOALはメーカー公式HPのようなものだと思えばOK!、と。


で、一つ気になったのは「審判自身がコメントする機会は設けられていない」という点。
これについて去年、2007年5月30日から6月30日までの一ヶ月間、Jリーグの試合を裁いたデンマーク出身の国際主審ニコライ・フォルクアーツさんが面白い事を言ってました。

デンマークでは試合後に審判が自分のジャッジについて話す機会があり、それによって観客や選手やクラブも、その判定の理由について理解する事ができる。当然、観客は、ルールそのものや運用について知識が深いわけでもないので、直接「なぜなのか」「ルールとはこうなんだ」を伝える機会にもなる。この会見は試合から最低でも2時間後・・冷静になる時間を置いたあとに行われている・・等々。

うろ覚えだったので調べてみたら、コチラのサイトでそのコメントがまとめられておりました。
サッカーダイジェストとサッカーマガジンで掲載されていたみたいです。
「ニコライ・フォルクアーツの言葉」(NETTARO BLOGさん)
「週間サッカーマガジン 2007 7月24日号 No.1145」(サカマガ公式>バックナンバー)


家本審判の問題もあって審判が批判されやすい最近です。
色んなblogや掲示板を読むと、「観客(サポ)のルールの理解」という問題もあれば、そのルールの解釈や運用という問題もある。

J's GOALやJリーグも、審判批判コメントを「削除する」という消極的な対応だけじゃなくて、
もっと積極的に審判に関する理解には取り組んでほしいなぁ・・と思います。

この「審判自身による判定の説明」は、ぜひぜひ試してほしいと思うんだが・・どうだろう?



===<川崎戦の判定は、質問状に>===
「川崎戦判定めぐり千葉が質問状」(報知)

その川崎戦の判定について。
ジェフは、リーグに質問状を提出するようです。
「質問状では米倉に対する判定への異議ではなく、判定基準のばらつきを指摘し、改善を求める。」
というのがポイント。

今後、審判に対してどうこう言うときは、個別の判定について異議申し立てするよりも、こういうロジックで質問状を出すほうが改善につながりやすいかもしれない。
  ※個別の判定について異議申し立てをすれば、「正しい」「間違っている」と白黒つける話になる。
  ※そうなると、リーグや審判団の面子も加わってくるので、大人のいやーな話になりやすい。
  ※なので、個別論はガマンして相手の面子に傷つけない方法で今後の改善を求める・・と。
  ※その方が、後々の改善につながりやすいんじゃ?とちょっと思ってみた。

こういう、クラブからの異議申し立てについても、結論を公表して欲しいよね。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

コメントありがとうございます!

To:通りすがりのジュビサポさん
審判が自らの判定を説明すると、揚げ足取りもそうだし説明が反論を呼ぶし・・と、Jリーグ&審判側としては、望ましくない状態になるでしょう。でも今では、審判は総じて悪役とみなされつつもあると思います。啓蒙活動というほどじゃないにしても、リスクも踏まえて、一歩、積極的な施策に乗り出してくれればなぁ・・って思います。
・・磐田とは、毎年毎年思い出深い試合があります。
今年もぜひいい試合を!

To:(空白)さん
まさしく「そのようなもの」そのものでしたね、電話してみたら。
とはいえ、Jリーグ本体とは別法人が主体となっている情報発信サイトですので、そこに少しは独自性/主体性を期待していたのですが・・(苦笑)
コメントいただいた、「リーグ」と「(リーグ構成員である)クラブ」のメリットが時に乖離する・・この切り口で、自分も少し考えてみようかと思います。

To:(管理人のみコメント)さん
サッカー雑誌が審判に対してもっと踏み込んでくれればありがたいのですが、それも難しいよな、って思います。雑誌が踏み込めば踏み込むほど、リーグとしては抵抗するでしょうし、いざとなったら・・ねぇ・・。色々な形で圧力が可能でしょうから。(「取材を拒否はせずとも協力しない」というような消極的な圧力でも、かなりの圧力ですし)
業界自体に自浄能力が薄い事を前提に考えた方がいいかもしれませんね・・。

To:nettaroさん
ニコライ主審のコメントは、ものすごくうろ覚えだったので助かりました!ありがとうございます!
誤審他の審判問題は、サポからすると感情的になりやすいため、すぐに炎上しやすいかと思います。でも、おっしゃるとおり「つるし上げ」ではなく「建設的」な方向で、議論を進めないと、一切前に進みませんよね。ほんと、スカパーあたりで映像含めてそういう議論ができればいいのですが・・。
自分も格闘技大好きです!
でも格闘技よりも、WWEやノアやプロレスの方が好きだったりします・・(笑)

To:kikiさん
今日はジェフx神戸戦、よろしくお願いいたします(笑)
サカマガとサカダイが審判採点を始めたのも、大きな一歩。だけど、読者からレスポンスがなければ、両雑誌ともにこの試みを辞めてしまうかもしれません。サポ自らが積極的に審判に注目し、話題性を高める事で、リーグ側にとって無視できない問題にしてしまうのが一番現実味があるのかなぁ・・などと思います。

To:アメフトファンさん
NFLもその昔、スカパーでニューヨークジャイアンツのスーパーボウル優勝を見て、めっちゃ興奮した記憶があります。あれ以来、ほとんどNFLは見てませんが・・(苦笑)
ビデオ判定は、自分がNFLをちょっと見ていた昔々もあったような気が・・しないでも・・ないかも。今では判定の説明してるんですね。それは知らなかったです。
Jリーグも、事を穏便にすませようとするだけだと、ちょっと危険な気がします。

To:がちゃさん
そうなんですよねー、J's GOAL自身が元から「ファンサイト」って書いてますよね。
でも、あれは公式サイトである以上、そうしてるもんだと思ってたんですよ、自分としては。
記事内容や編集方針というサイトの在り様まで、「ファンサイトだ!」って開き直ってるとは思ってませんでした(苦笑)


皆様、いろいろコメントありがとうございます!
【2008/04/02 15:30】 URL | khou #- [ 編集]


タイトルバーに「Jリーグ ファンサイト[ J's GOAL ]」とちゃんと明記してあるんですけどね(笑)
でもいいレポだと思います。楽しく拝見しました。
【2008/04/02 11:32】 URL | がちゃ #- [ 編集]

はじめまして
いつも楽しく観させていただいています。
ジェフファンであり、NFLファンであるものです。
今回の投稿を観て、ふと思ったことがあるので、コメントを書かせてもらいます。

審判自身による判定の説明。
実はこれ、NFLも取り組み始めました。
http://www.nfl.com/videos?videoId=09000d5d8043262f
(参考までにどうぞ。全編英語で、判定の説明をしています)

NFLはつねにルールの変更があったり、きわどい判定があったりで、
審判の判定で試合を左右しかねないスポーツです。
そのためにビデオ判定を取り入れているのも、微妙な判定を公正にしようという試みです。ビデオ判定はとても上手くいっています(まだ問題はありますが)。

それでも、微妙な判定は無くなりませんし、ジャッジミスも無くなりません。
ファンの不満も燻り続けているのも確かです。

この審判の説明は、その燻りを少しでも解消してくれそうな試みで、今後続くか分かりませんが、こういったチャレンジがナンバー1プロスポーツの地位を保っているのだと思います。

Jリーグに、何もかもを真似しろとはいいません。
でも、他の国のリーグやプロスポーツのいい所を取り入れて、世界に誇れるリーグを作って欲しいなと願っています。
【2008/04/02 11:19】 URL | アメフトファン #dvUYBDnY [ 編集]


神戸サポでございます。冷静なご対応と行き届いた解説、誠にお見事だと存じます。

サカダイ・サカマガ両誌の場合は、審判も採点することでまずは一歩を踏み出しています。受け手が関心を保っていれば、いずれJリーグもその流れに掉さしたほうが得策だ、と思うようになると期待します。そのためにも、声を挙げ続けていかねばなりませんね。
【2008/04/02 00:55】 URL | kiki #rnzc9KUM [ 編集]


はじめまして。少しでも参考になったようで嬉しいです。(誤字が多くてすみません)
「Jリーグの審判問題」は、かなり大きな問題にも関わらず、審判側からの広報もあまりなく、さらにファンの声や疑問にも十分応えない姿勢に見える。絶対に間違いを認めず意固地になって「臭い物にフタをしてる」そんな感じさえします。(J's GOALの件は特にそうですが)
誤審もサッカーの一部として、「つるし上げ」でなく、建設的な議論を重ねていくべきなんでしょうが、既存メディアではあまり期待できない。できるならスカパー!あたりで、SR担当の試合だけでも、デンマークのような番組が作れないものかと思いますが...。
【2008/04/02 00:18】 URL | nettaro #JalddpaA [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/02 00:15】 | # [ 編集]


>J's GOALはメーカー公式HPのようなものだと思えば

「ようなもの」ではなく、まさしくそのものです。
要は、Jリーグがお金出してやってる広告PRです。リーグにとって都合の悪いことは当然掲載されません。

問題は、リーグにとって、と、クラブにとって、が時に一致しないこと。
「リーグ」は「クラブの集合体」なのに、そこが乖離してしまうのが危険ではあります。

【2008/04/01 20:04】 URL | 通りすがり #- [ 編集]


「審判自身による判定の説明」について、大賛成ですね。
私もスタジアムで観戦中は熱くなって主審の判定に腹を立てることが少なくないですが、
帰宅してから気になった判定部分を録画映像で確認してみると
「おお、よく見てたなー(驚)」ということが多々あります。
もちろん全てがすべてそうではないのも事実ですが(苦笑)

「審判自身による判定の説明」は「揚げ足とりの標的」にされてしまうかもしれない、
という心配もあるんですが、毎年微細な改訂が起こるルールについて、
我々サポーターにとっては良い勉強の機会になりますし、
審判も「説明するための思慮」と「説明機会」の経験を得ることによって
試合中に選手達へ簡潔に説明を行うことができ、それによって余計なヒートアップを
防げるんではないかということまで期待したくなってしまいます。

長々と失礼しました。
来月26日、2006年4月22日に同所で行われた試合みたいに、
痺れるような試合を観れることを祈ってます。
【2008/04/01 12:31】 URL | 通りすがりのジュビサポ #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/721-1bbce19a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[サッカー] 「J’s GOAL」の自ら主張するスタンスは世間に認められるのか?

Hang Tough 【審判批判コメントは全部削除!】について、J’s GOALに電話してみた。 J’s GOALは報道メディアではない/サッカー瞬刊誌 サポティスタ いくら私企業のための広報の場所であると定義したとしても、いま個人サイトの中の人にも、ジャーナリズム的な正義が求めら 昨日の風はどんなのだっけ?【2008/04/04 12:42】

【デンマーク】の口コミ情報を探しているなら

デンマーク に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… 人気のキーワードからまとめてサーチ!【2008/04/01 12:33】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。