Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮戦に見る希望。
前半は大宮の思い通りに展開。
術中に嵌ったというか、陥穽にジェフが自ら落ち込んだというか。
それに対して後半は、ジェフがようやくチームとして自らの意思を示す事が出来た。だから最後の最後で2失点してしまった事を、あまり悔やむ気持ちはない。
あの試合で反省し、悔やむべきは前半だと思う。

前半のジェフの印象を、思いつくままに挙げてみる。
  ・坂本とミルコがワンツーで左サイドを攻めあがり、いい形を作るも、守備で連動しきれない。
  ・工藤と市原が全く連動できず、攻撃面で市原は沈黙し、工藤が孤立。
  ・青木と巻の2トップも、連動できていたとは言えないが、裏を狙う青木の動きで惜しいチャンス。
  ・最終ラインから前にボールを出せない/出しどころがない。
  ・ミルコが前に張り付いていることが多く、実質3トップに見える時間が長い。
  ・前線と最終ラインが間延びしすぎ。セカンドボールをことごとく拾われる。
  ・中島と下村が中盤の構成を担うも、大宮の前に封殺。

特に、最前線と最終ラインとが間延びしていた事、これが前半の苦戦の最大の要因に見えた。
ジェフの中盤がスカスカだったために、ここを大宮が自由に使い、セカンドボールを拾いまくっては、小林慶や小林大がパスを散らす。そこからスペースにボールが走り、波戸/村山/内田/吉原がジェフの裏を抉って攻める事ができていた。

それだけジェフの陣形が間延びし、分裂してしまったのは・・中盤を構成するMF達自らの責任。
中島もパスカットや敵FWへの守備などいいプレイはあった。だけど最終ラインのすぐ前でカバーリングに働く事が多く、主導権争いという意味では正面戦力になりえない。結果、下村一人で敵の圧力に対抗する形になり、中盤を制圧された主因の一つに見えた。
そして両サイドに配されたフルゴビッチと工藤。彼ら二人がセンターラインと連動できなかった事が、中島と下村をさらに孤立させていた。特に中島が可愛そうな程に敵に狙われていた。

ばらばらにしか動けなかったジェフに対し、大宮は中盤の底を要として両サイドのスペースを縦に抉るという攻めを繰り返した。
結局、前半の2失点は同じようなカウンターから、同じように最後の1対1で敗れたもの。
ジェフの最前線と最終ラインがあれだけ分裂してしまったら、大宮としては楽な前半だったと思う。

そして後半、まず中島が新居に代わり、フルゴビッチが中盤に、青木が左サイドに配される。
市原が米倉に交代。
ここからジェフのリズムがかわりはじめる。

米倉の援護を受けた工藤が運動量を増やし、中盤と連携しだす。
青木も中盤と連携する意識がフルゴビッチより強く、坂本と共に左サイドを何度も抉りだす。
戦う場を中央にうつしたフルゴビッチが、正面から敵の中盤とぶつかりあう。これで前半は一人で敵の圧力の前に立ちはだかっていた下村も息を吹き返した。
そして新居。
今のジェフで、最も「ゴールを奪う」という野心をギラつかせ、常にゴールを狙うFW。
彼の投入によって敵守備陣が乱れだし、マークの緩んだ巻が本来の姿を取り戻し始める。

今までだって、坂本は一人がんばっていた。
フルゴビッチも、ボスナーも、激情を昂ぶらせながら戦っていた。
巻も、意地を見せていたし、
下村も、押しつぶされそうな程に、プレッシャーをうけながら、戦っていた。
でも、誰もが孤立し、空転していた。

馬場と新居が孤立していた彼らをつなぐ。
誰も彼もがばらばらで、未勝利というプレッシャーの中で戦っていたジェフが、二人の投入によってついにチームになる。

71分、工藤に代わって馬場の投入。

馬場のスルーパスから、FWが飛び込み、最後は坂本が押し込んで反撃。
フルゴビッチが愛しげに馬場を抱きしめて頭を撫でる。
ボールをキープし、中央に切れ込む馬場を米倉が援護。さらにその米倉を下村がフォローする。米倉は不慣れな右SBというポジションを、下村に助けられながら奮戦。守るだけではなく、機をみて何度も前線に進出し、その彼がヘディングで送ったパスから新居の同点弾は生まれた。


残留戦線でとても厳しい状況なのは事実。
未だリーグ戦で勝てていないのも確か。

だけど。
あの後半を見た自分は、嬉しかった。
負けて、残念で無念で、ぐちゃぐちゃに悔しかったけど、でも、まだまだ戦えると思う。

試合は負けたが、あの同点劇からの2失点を悔やむ気はない。
あの後半が、一瞬だけのものではなく、あそこから立ち上がれるのであれば。
今年のジェフは、もっと強くなれると思う。

がんばれ。



【選手雑感】
立石: 4失点中3失点はFWとの1対1であり、ミドルも混戦の向こうから撃たれたもの。
     どれも本人の責任ではないが、100試合を飾れず無念。
斉藤: 鹿島戦に続き敵FWに振り切られるシーンあり。試合が続く中でコンディション落とし気味?
エド:  局面での強さは見せるが安定感ナシ。敵の突破やパスにつり出されるシーンが目立った。
     負けが続く中で、気持ちが空回っているのかもしれない。
市原: 三戦続けて先発というチャンスをもらい、この二戦は前半のみで交代。クゼコメントも激辛。
     技術やフィジカルではなく、何をどうプレイするかという判断に迷いや逡巡がある印象。
     プレイを見ていて、何かもったいないというか怯えているというか・・。
坂本: 90分通して奮闘。特にあの反撃の1点目は左SBからよくあそこまで走りこんでいた・・と。
     前半もミルコと連動して攻めあがっていたが、後半の方が躍動していた。
中島: 敵のプレスに封殺される。正面から圧力を受けると彼の弱点が出やすいのか。
下村: 前半は彼一人で大宮の中盤に対抗し、最前線との連絡維持に努める。
     後半はミルコがDMFに入ったことで楽になり、ドリブル突破や米倉のフォローなど活躍。
工藤: 前半は彼自身も不本意だっただろう。足技でキープしたり突破したりするも、噛みあわず。
ミルコ: 前半は左SMFとして何度も突破し、クロスを上げるなど奮闘するも、生きず。
     後半、DMFに入ってからの方が周囲と連動したプレイができていた。
     本人の最も得意とするポジションではないだろうが、今のジェフではDMF起用すべき?
青木: 前半、ミルコが最前線に張り付き、巻が流れる事も多かったので、ほとんどCMFの位置。
     苦戦した前半でも裏に飛び込むチャンスがあるなど得点を狙って何度もトライしていた。
     しかし後半に左SMFに移ってからの方が躍動していた印象。ふっきれはじめた?
巻:  サカダイだったかで「一人では何もできないFW」と書かれていたが、同意。
    新居と連動しだした後半、ようやく巻に得点の匂いや輝きが戻りはじめる。
新居: 彼が裏を狙う事で敵DFのマークもずれ、ラインも崩れだす。ゴールを狙う意識がむき出し。
     あの同点弾には震えた。
馬場: お願い、もう怪我しないでくれ、頼むからフル稼働してくれ! ・・無理だろうけど。
     明らかに他とは違うセンスをもち、周りを使える選手。
米倉: 慣れない右SBで守備に苦しみながらも、攻撃にも活躍し、新居の同点弾を生む。
     視野も広く周りを使う事もできるだけに、今後に期待!


【公式系】
「Jリーグディビジョン1第6節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】プレビュー:守備では責任感のある個のプレー、攻撃では点を取るという気迫が必要な千葉。大宮は選手起用などの樋口監督の采配に注目」(J's GOAL)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】樋口靖洋監督(大宮)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第6節 千葉 vs 大宮」(J's GOAL)
「【J1:第6節 千葉 vs 大宮】レポート:攻撃の狙いを体現できず、守備で集中力を欠いた千葉は完敗。ハードワークが光った大宮はスーパーゴールの連発で今季初連勝。」(J's GOAL)
「[ J1リーグ戦:第6節 試合総括 ] 鹿島が浦和に敗れ連勝がストップ。清水に快勝した名古屋が首位に躍り出る」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「千葉まだ白星手にできず/J1」(ニッカン)
「千葉6戦未勝利も淀川社長「我慢」」(スポニチ)
「同点直後2失点に千葉指揮官「泣クゼ」…J1第6節」(報知)
「千葉、どうしても勝てない…もろさを露呈し大宮に敗れる」(サンスポ)
「2戦連続4失点」(ちばとぴ)

ここで監督交代はさすがに無いと思う。
だけど。
「13日もクゼ監督は強化担当と打開策が話し合う見通し」(サンスポ)というのが気になる。

・・国内で補強を考えるのか。
それとも、外国人選手の入れ替えも検討するのか。

どうなるのだろう。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/734-6c58c2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「鹿島戦」についての最新ブログのリンク集

鹿島戦 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… 話題のキーワードでブログサーチ!【2008/04/14 18:27】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。