Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林の移籍・・・寂しさと期待と
これは、やっぱりチャンスなんだ。
一晩たって、昨日と変わらず林の移籍はすっげー寂しいけれど。

オシム監督って、選手のメンタル/実力/コンディションをシビアに評価する一方で、逆にその時点での実力の序列に対しては頑なな気がします。
なので、2005シーズン。FWは「巻とハースの2トップ」がファーストチョイスであり続けた。これに続くセカンドチョイスが、シーズン前半は「どちらかが欠けたらその変わりに林」。ポペスクのコンディション上昇やMF両サイド(水野/山岸)の成長がみられたシーズン後半は、かわって「巻1トップに、羽生とポペスク」がセカンドチョイス。
林はスタメンで戦うことがあっても、やはり試合のリズムを変えることを目的に“スーパーサブ”としての起用法が基本だった。
そして、そのチョイスに続くのが要田。泰は結局、2005年は1試合の出場にとどまった。堀川/トンス/川渕/(ミツキ)の新人FW達は、トップ出場がないままにシーズン終了。
この序列は・・・泰や新人達が大きな成長や意識改革がないかぎり、2006シーズンも変わらなかっただろう。

その序列から林がいなくなる。

それって要田にとっても、堀川達にとっても、さらに2006シーズンから加わる新人FW達(青木/加藤/熊谷)にとっても、等しく訪れる千載一遇のチャンス。

狙うべきは・・・2つの役割。
1つはスーパーサブの役割。試合後半に投入されてリズムや流れを変える仕事。林はそのスピードによって、要田は諦めない姿勢と走り続けるプレイで、監督のリクエストに応えていた。
もう1つはファーストチョイスである巻やハースが試合に出れないときのバックアップ。これはFWやフットボーラーとしての総合力での勝負になる。


要田勇一:大きくはないが気持ちを押し出して戦うFW。
市原充喜:ジェフユース。最近はDFとして育成されているU-20代表。
堀川恭平:左右両足が利き足で長身。さらに抜群のスピード。
金 東秀:ユース出身、英才教育の長身ストライカー。
川淵勇祐:ユース出身、しかもJユースカップ得点王。鋭い得点嗅覚。
青木孝太:オシム監督が「いっしょにやろう」と握手。スター性を持つテクニシャン。
加藤 韻:オシム監督曰く「高校を辞めさせてでも獲ってほしい」。MFにコンバート?
熊谷智哉:アマル コーチ曰く「日本人にはない何かをもっている」。加えてパワフルさが売り。


彼らの中から、誰が頭角をあらわすのか。


だから。
これは、林がチームとサポにプレゼントしてくれたチャンスなんだ。
寂しいけれど、これはやっぱりチャンスなんだ。

がんばれ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/77-17e3de2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レギュラー獲って、フクアリに帰ってこいよ、林・・・(泣)

今朝、everyone37さんの書きこみ通知メールで知りました。林が京都に完全移籍って。ショック。ただ、村井と茶野の時より、快く送り出して上げられますよ、僕は。やっぱ先発で出たいでしょ。いくら100試合出たって、先発とサブじゃ重みが違うし。それに、かつ.... 爆走357【2006/01/21 23:32】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。