Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルコ先発!?札幌戦・・サッカーサポはキモイのか。
今日のエルゴラ。
週末のナビスコ予選 札幌戦のスタメン予想において、ミルコ・フルゴビッチが中盤左のスタメンとして配されていた。先の二連勝時、そのポジションは谷澤が努めており、しかも存分に活躍して、挙句には決勝点まで決めていて。普通だったら「勝ったチームはいじらない」の法則で、谷澤が引き続き中盤左で戦うのだろうが。

しかし! その谷澤は出場停止だったりする・・っ!
残念!
「出場停止選手のお知らせ」(Jリーグ公式)

そして、その谷澤に続く選択肢としてエルゴラはフルゴビッチがスタメンだと読んだのだろう。

さて、どうなるか。
二連勝時の布陣を基本的にいじらないという前提でアイデアを考えれば、
まず、青木孝や苔口が思い浮かぶ。坂本を上げて使う事も考えられるし、思いつきレベルならば工藤や米倉を使って中盤をやりくりする事もありえる。

だが!
函館まではいけない!
TV中継はない!
いろいろと想像はふくらむが、見れない!

むむむ・・。
新監督のもとで二連勝と好スタートのジェフが、このナビ予選でどのようにチームを高めていくのか。
すげーーーー見たいのだけれども。
見れない。

携帯やwebでのリアルタイム速報を命綱に、勝利を祈る。
がんばれ!



===<サッカーサポはキモイのか>===
「サポティスタ」で見かけた記事で、ちょっと気になった記事があった。
「一般的な視点がなくなるとキモくなるの法則」(「タケルンバ卿日記」さん)

このエントリーが書かれたキッカケは、直接は、
「埼玉スタジアム、浦和-ガンバ戦をバックスタンドアウェーで見たものの言い分」(「某法律事務所での記録。」さん)
「理解して欲しかったこと、理解されないであろうこと」(「某法律事務所での記録。」さん)
なんだけど、
それってつまり、
「17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について」(浦和公式)
「5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について」(G大阪公式)
「ガンバ大阪サポーター対応について」(G大阪公式)

これから始まっている。

Jリーグを好きな者ならば、誰もが注目し何かしら考えた浦和xG大阪戦の一件。
しかし「タケルンバ卿日記」さんのエントリーは、事実そのものの衝撃よりも、blogのエントリー欄におけるコメントのやりとりから更なる危惧を覚えてのものであって。
自分にとって、事件そのものよりもずっと重く考えさせられるエントリーだった。
  ※事件を軽んじているわけではありません。
  ※しかしあの事件に対しては、「スタジアムでの暴力は全てNG」という明確な判断基準があります。
  ※映像も写真も目撃者も多数存在し、事実確認も可能です。
  ※判断基準は明確、当事者も明らか、事実確認も可能。であれば、当事者の今後の対応も可能です。
  ※よって、後は関係当事者がどれだけスムーズに公平に対応できるかだと、解釈しております。



あらためて、くだんのblogのタイトルを思い返す。
オレにとってはこのひと言が全てだ。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」

「一般的な視点」とは、端から見たらどう見えるかという事であり、サッカー好きが、サッカーを好きでない人と共存するための視点。
世の中には「サッカー好き」という人以外にも様々な人が無数に存在し、みんなが共存するためには、ある程度、価値観やルールを共有する事が必要となる。「他からはどう見える?」ってのは、その「価値観やルールの共有」を客観的に自己チェックするための命綱。
一人ツッコミとも言える。
故に、
「一般的視点の欠如」は、サッカー好き以外との共存を暗に否定する事であり、
それが、他の人から「キモイと思われる」事につながっていく。

サッカー好きだけに限らない。
野球だろうがアニメだろうがアイドルだろうが演劇だろうがプロレスだろうが競馬だろうがパチンコパチスロだろうがジム通いだろうがロハスだろうが反戦活動だろうが、
夢中になる対象がなんであったとしても、それは、みーんなみーんな、ぜーんぶ、一緒だ。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」

で、
自分はサッカーも好きだが、プロレスも大好きだったりする。
最近はプロレス会場に足を運ぶ事はなくなったけど、まぁ、例えば、新日本とUインターの全面対抗戦、高田vs武藤なんかは東京ドームまで見に行っていたりしたわけだ。
  ※ちなみに、全日四天王プロレスが大好きです(笑)

プロレスが世間一般ではマイナーなもんだと、自分でも思っている。
会社や学校や飲みの席で話題に出して、「オレも!」とか「おもしろいよね!」って言ってくれる人や興味を持ってくれる人は、まちがいなく少数派だ。
話すタイミングや流れによっては、引かれてしまう事もぜんぜんありえる。

じゃあ。
そのプロレスとサッカーとを、次のように比べてみる。
  「レスラーや団体のTシャツを着る」     ⇒「サッカーのレプユニやTシャツを着る」
  「レスラーを応援する幟を持つ/振る」    ⇒「選手やチームのゲーフラを持つ/振る」
  「入場時や試合中に、選手コールを叫ぶ」  ⇒「応援のチャントやコールを叫ぶ」
  「試合会場まで足を運ぶ」           ⇒「週末にスタジアムに行く」

同じように、アニメや声優やアイドルと、サッカーを比べてみてもいい。
怒る人もいる事を承知で言うけど、ファン/サポが行っている行動そのものは、似たり寄ったり・・共通する事も多いよね。全部いっしょだとは言わないけれど、叫んで夢中になって応援する対象がサッカーなのかプロレスなのか何なのか、その程度の差でしかないとは言えると思う。

何かしら好きな対象をもち、夢中になり、のめりこむ。
それ自体、誰に後ろ指を指される事でもないし、批判される事でもない。

でも、全てにおいて、どこかのラインを超えると話題に誰ものってきてくれなくなり、
挙句、人格そのものすら否定されはじめる。
  「あいつ、○○が大好きだよねー」が、
  「いつも○○ばっかり」となり、
  「ちょっとなぁ・・」となり、
  「ついていけねー」となるわけだ。

好きな対象(パチスロかサッカーか、等)の違いは、あくまでもその趣味がどれだけ一般性をもっているか、そういうスタートラインの差でしかなくて。
好きになればなるほど、他から少しずつ乖離していくのは、みんないっしょ。

サッカーが好きだ!という気持ちが高じて、高じすぎて、
その個人が周りから浮いて、嫌われたとしても、
それだけならば、それは自業自得と言うか個人の問題でしかない。

だけど、もしそれが、集団という形で症状が進行してしまえば、
サッカーそのものが、一般社会から閉じこもって内側に落ち込んでいくばかりだ。
サッカーそのものが嫌われていく。


・・。
・・でもね。
そーなんだけどさ、わかってるんだけどさ!!!
サッカーのレプリカユニフォームを着て、旗もって、喉枯らして叫んで、
勝っても負けても毎週スタジアムに行くなんて、
サッカー好き以外にとっちゃ、「何そのキ○ガイ」ってなもんですよ!
ええ!
わかってるよ!

でもでもだって!
好きなんだもん!しょーがないじゃん!
ええ、オレだってフクアリ行きますよ、行っては負けて帰ってきて一週間陰々鬱々して、
勝ったら一週間キャッキャッと陽気になって、
うちの相方から「よーやるわ」って目で見られてますよ!

好きなんだもん、しょーがないじゃん!

FC東京のサポだっけ、確か「東なめ」だと思ったけど、
===
勝ち試合のあとは バカの一つ覚えのように
何度も同じゴールシーンを見てはその度に狂喜し
負け試合のあとは 監督の采配に不満をこぼし 審判の判定にケチをつけ
忘れたいと思いながら 失った勝ち点を数えては落ち込み
選手のミスに文句をつけ 怒りまくり 機嫌を悪くして周りの人に引かれ

次の試合には いそいそとマフラーを巻いてスタジアムに行き
歌い 選手にコールし 一喜一憂する

あ あ 楽 し い

===

いやもう、ホントに、このとおりですよ!!!


だから。
好きなものは好きなんだから。

自分がサッカーを好きだという気持ちに甘えちゃいけない。
スタジアムに行けば、webを見れば、そういう場に行けば、同じサッカー好き同士がいっぱいいて同じ気持ちや一喜一憂を共有できる、そんな楽しさに甘えちゃいけない。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」


サッカーを好きだからこそ、襟を正そう。
そんな風に思ったわけです。



おまけ:
「熱くなるプロレス入場曲」(「タケルンバ卿日記」さん)

おなじ、「タケルンバ卿日記」さんのblogで見つけたエントリー。
こ、この選曲は・・燃える!!!

もし万が一、三沢の「スパルタンX」(ニコニコ動画)で谷澤がピッチに出てきたら・・。
オレ、大声で叫ぶぞ。

「やっざっわっ! やっざっわ!」



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

コメントありがとうございます!

To:元ジェフファンさん
度を越してしまうと、妄信的/狂信的となってしまって、それはやはりキモイわけで・・。
スタジアムってそうなりやすい場所だとも思うし、それはそれで魅力の一つだとは思うのですが、でも、やはりそれであったとしても試合が終われば、スタジアムの外に出れば、冷静になる事も必要だよなーって思います。
極論、自分が嫌われるならまだしも自分が原因でジェフやサッカーが嫌われたら、申し訳ないですしね(苦笑)

To:ニアさん
「変なプライド」をもったらヤバイってのは、ほんとにそうかも知れません。「変なプライド」が生まれるとすぐに高じてしまって、サポ間で優劣を見出すようになってしまったり、○○原理主義みたいになっちゃったり・・。
そうならないようにしないとなー、って思います。

【2008/05/25 23:43】 URL | khou #- [ 編集]


 サポであることを楽しんでる分には、熱中していていいなぁ。と思います。

 サポであることに変なプライドを持っちゃうとキモイです。他サポや野球サポを見下すとか、目もあてられない。

 趣味でパチンコをしている人とパチンコを生活の糧にしている人に対する一般人の評価に似ていますね。

 私も気をつけます!
 
【2008/05/24 13:18】 URL | ニア #Bqnzzfdw [ 編集]


一般的な視点がなくなるとキモくなる・・・。

確かにおっしゃられる通り、度を過ぎるとどんな趣味についてでもそうだと思います。
なんて言うか、視界が極端に狭くなるんですよね。
数が集まるとさらにそれが加速する傾向はあると思います。

私も、正直妄信的なサポに関しては、(それがどこのクラブのサポかは関係なく)キモいと思う事が多いですし。
それだけに、自分が熱くなっている時ほど、冷静な自己分析と判断が必要なんだと感じます。

リンクをたどって記事を読んできましたけど、やはり(特に某クラブの)熱狂的なファンは怖いしキモいし陰湿だと痛感しました。
もちろん、全員がそうではなくて、一部の人間がそうである事はわかっているんですけどね。

そういう誤解を解いていく事も、サポーターの人には必要な事なんじゃないでしょうか?
でなければ、ファン離れ・サッカー離れが進んでいく事になりかねないと思います。

長文失礼しました。
【2008/05/24 10:18】 URL | 元ジェフファン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/772-1fd7f560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。