Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフも札幌も、誰もが必死に残留を願う。・・仙台、お家騒動、伊達騒動!?
基本的に野次は大っ嫌いで。
ブーイングもまた、基本的には反対/キライな自分です。
いや、叱咤激励という意味でのブーイングまで否定する気持ちはないんだけれど、でもさ。
いざ実際にブーイングするとなれば、じゃあどこまでが「叱咤激励」として有意義なものであって、どこから先はサポの自分勝手なストレス解消/八つ当たりになってしまうのか、その境界線がわからない。
ブーイングする側が自分で自分に判断基準や境界線を設けたとしても、受け取る選手/フロントと、その境界線(意味合い)を共有できるハズもない。ブーイングの意図や気持ちは理解できても、運用上の問題があると思う。
二年前、阿部に対して「名前だけのキャプテンはいらない」という幕を掲げた人もいたらしい。出した本人は真剣だったかもしれない。しかしそれが叱咤激励の気持ちから生まれたにしても、選手に伝わらなければ、周囲に理解してもらえなければ、ただの暴走、誹謗中傷だ。

だからオレは、
どんなに悔しく不甲斐ない試合であったとしても、ブーイングも野次もしたくなくて。
せめて腕組んで無言で黙りこくってしまうくらい。
自分の近くでブーイングや野次があれば、かえってムキになって拍手したりする(笑)


だから。

今年のフクアリは、去年のフクアリよりもずっとずっと好きだ。
応援のチャントやリズムや選曲がどうこうは好みもあるので特にあれこれ言う気はないけれど、
去年のフクアリは、
オシム時代とアマル時代の、いろんな意味でのギャップにサポが付いていけず、さらにフロントの失態や人事の混乱(阿部の移籍や祖母井さんの退任、ストヤノフの解雇)等もあり。
ものすごく、ギスギスしていた。
勇人や羽生が追い詰められ、巻も必死で堪え、水野もすさみ、下村も崩れかけていた。

そんな去年よりも。
「WIN BY ALL」と叫ぶ、今年のフクアリの方が、ずっとずっと、何倍も好きだ。

クラブが好きだという気持ちと、フクアリという自分達のHomeが好きな気持ちであって。
それは、どのクラブでも違いはなくて。
好きな相手が、ジェフなのか、他のクラブなのかという差でしかない。


J1残留を願うサポの気持ちは、ジェフだって、札幌だって、変わらない。


「9/20 ジェフ千葉戦応援演出のご協力のお願い。」(ULTRA'SAPPORO)


ずっと前。
確か札幌がJ1から降格してしまった年だと思う。
たまたま国立での試合を見に行った。
浦和戦かFC東京戦だった。
追い込まれ、選手達の心も挫けそうになり、点差や局面なんてもう覚えていないけれど、
試合そのものとしては、札幌が、全く歯が立たなかった試合だったと思う。

それでも、
札幌のサポ達は、数で負けながらも、大声で歌っていた。

顔をあげろ。
俺達の誇り。

そんな意味の歌詞をずっと歌っていたと思う。

試合後、いっしょに見に行った友達や、当時は結婚前だったうちの相方は、札幌の選手達に怒っていた。
不甲斐ない。
あのサポの応援に、がんばりに、こたえないと・・札幌にはバチがあたる。
それくらい、サポががんばっていたのに・・。


ブーイングよりも、野次よりも、
札幌サポの歌声は、ずっと強いメッセージとなっていた。


9月20日。
今日、ジェフと札幌は、最下位18位と自動降格の17位として、直接対決となる。
お互いにJ2に降格したくはない。
必死で勝つしかない。

J1残留を願い、祈る気持ちは、誰だっていっしょだけれど、
しかし、誰かの願いはかなえられることはない。
誰かが沈み、
変わりに誰かが生き残るだけだ。

きっと、選手やサポやフロントの、残留への祈りが大きいほうが勝つ。



「【J1:第25節 札幌 vs 千葉】プレビュー:今季4度目となるカード。17位と18位との対戦は、浮上を目指すチーム同士のハードなものになること間違いなし!」(J's GOAL)
「札幌守備陣、箕輪中心に選手ミーティング」(ニッカン)
「札幌FWダビがウイニングゴール誓った!」(ニッカン)
「札幌クライトン復帰、J1残留へ戦う」(ニッカン)
「千葉“100%降格”のジンクス破るぞ」(スポニチ)
「主力の負傷続出…札幌指揮官悲そうな覚悟」(スポニチ)
「クライトン、千葉戦へ予習バッチリ…札幌」(報知)
「故障者続出、ダヴィ様お願い…札幌」(報知)
「苦悩の三浦監督、気分はハムレット!?…札幌」(報知)
「J1残留を目指す“逆天王山”2試合」(サンスポ)


===<仙台、お家騒動!>===
「J2仙台の手倉森監督がチーム改革に怒り」(ニッカン)
「仙台社長クラブゴタゴタ理由に前倒し辞任」(ニッカン)
「仙台ベガルタ社長が“前倒し辞任”表明」(スポニチ)
「仙台社長が辞任表明「正常な運営難しい」」(報知)
「手倉森監督がフロント批判…仙台」(報知)
「来季新体制!仙台監督に山本昌邦氏招へいへ (1/3ページ)」(サンスポ)
「ベガルタの社長が辞任表明 「運営難しい」(サンスポ)

どのクラブも「体質」ってのがあるとは思うけど。
ウチもそうだけど、仙台も随分とフロントに騒動事が多い・・。
  ジェフはフロント内紛というよりも、選手が出て行く騒動がおおいけどさ(苦笑)

これはあれか!?
Jリーグ版「伊達騒動」なのか!?

仙台・・、
ぜひともJ1に昇格してほしいんだがなぁ・・。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

コメントありがとうございます!

今年のジェフが、最後の最後でまだ踏ん張っているのは、やはりフクアリのHomeの力があるんだろうなぁ・・と思っています。それを作り出す原動力にサポも一役買っているわけだけれども、去年のフクアリだったら・・今年はどうなっていたのやら・・って思います。

今のフクアリは、試合毎にHomeっぽくなってきてるなと、思っています。

せっかくウチは、キーワードとして「WIN BY ALL」を掲げているのだから、
サポも選手もフロントも、お互いにギシギシする事なく、一体感あればいいなぁって思います。
【2008/09/20 19:55】 URL | khou #- [ 編集]


去年のフクアリの雰囲気は試合前のアマルに対するブーイング、しかもその中に白いハンカチを振っている人がいたりとあんた本気なの?と言いたくなるような状況で本当に嫌気がさしました。試合前に最悪な雰囲気つくって選手が試合に気持ちよくのぞめる訳がない。そもそも僕もブーイング自体が好きじゃないので、試合前後にかかわらずしてほしくないです。今の一体感が残留争いの危機感からくる一時的ものではなく、ずっと続いてほしいです。
【2008/09/20 10:26】 URL | 犬じろ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/824-0eb67519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。