Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋戦、勝利!メディア情報まとめ
名古屋戦、行きたかったなぁ・・。
休日出勤して、会社からそのままフクアリに行くつもりでシーチケとかみんな用意してカバンにつっこんでいたんだけれど、どうやっても仕事が終わらず・・あーくやしっ!

名古屋戦、フクアリで応援されたみなさまお疲れ様です!
でもって、すっげーーーーー羨ましいぞ!!!
テヤンディ。


改めて映像を見れば。
ミシェウとレイナウドが絡む絡む。これに深井がつながって、この三人でのボール回しが楽しい。
さらに谷澤がいるもんだから、地上戦でのボール回しがずいぶんと名古屋を苦しめていた。
守っては池田/ボスナーの両CBの奮闘もそうだけど、工藤のプレス&パスカットがステキ。
素敵ったらステキ。
そりゃもちろん、MOMだのMVPだのは深井や谷澤のものだろうけれど、試合を支えてチームの歯車を回していたのは工藤だと思う。
ビバ工藤!
凄いぞ工藤!

負傷退場となった青木良太の怪我は心配だが、
しかし代わって登場した早川もがんばっていた。
元は右のMFで、そこからDFにコンバート、CBに定着。なので青木良太の代わりに坂本が左SBに入り、早川が右SBに入ったわけだけれども、身体をはった守備で勝利に貢献。
相対する敵のスピードに何度かやられていたけれど、しかし!
谷澤の同点弾は早川のクロスだったし!
何よりも、早川移籍後、彼が試合に出場して初の勝利&でんぐりだったわけで!
本人もblogに書いちゃってるよ!
「勝利!」(早川公式)


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「Jリーグディビジョン1 第26節 vs 名古屋グランパス」(ジェフ公式)
「2008J1リーグ第26節:vs千葉/マッチレポート&フォトギャラリー」(名古屋公式)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】プレビュー:J2降格圏脱出を目指す千葉が、首位に立つ名古屋と今シーズン4度目の対戦。勝敗の分かれ目はセットプレーとサイドでの攻防。」(J's GOAL)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】ストイコビッチ監督(名古屋)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第26節 千葉 vs 名古屋」(J's GOAL)
「【J1:第26節 千葉 vs 名古屋】レポート:まさに『WIN BY ALL!!』の今シーズン初の逆転勝利で、千葉がJ2自動降格圏を脱出。攻守にミスが出た名古屋が首位から陥落。」(J's GOAL)
「[ J1:第26節 千葉 vs 名古屋 ] 試合前」(J's GOAL)
「[ J1:第26節 千葉 vs 名古屋 ] 「今こそ!WIN BY ALL!」」(J's GOAL)
「[ J1:第26節 千葉 vs 名古屋 ] 試合後 ゴール裏」(J's GOAL)

【メディア系】
「千葉171日ぶり自動降格圏脱出/J1」(ニッカン)
「名古屋首位陥落、後半まさか2失点/J1」(ニッカン)
「谷沢2戦連発、千葉降格圏脱出/J1」(ニッカン)
「名古屋首位陥落にもピクシー泰然/J1」(ニッカン)
「深井恩返し弾!千葉ついに自動降格圏脱出」(スポニチ)
「首位陥落もピクシー「面白くなった」」(スポニチ)
「千葉“危険水域”やっと脱出!」(スポニチ)
「楢崎の手から勝利が、首位が、スルリ…」(スポニチ)
「千葉劇的!“1分”で大逆転!」(スポニチ)
「名古屋は千葉に敗れ…大分が首位に立つ」(スポニチ)
「千葉2分2発で自動降格圏脱出…J1第26節」(報知)
「名古屋、楢崎まさかのミスで首位陥落…J1第26節」(報知)
「3連勝で16位浮上!千葉が降格圏を脱出」(サンスポ)
「千葉、ようやく16位に浮上 指揮官「グレート」」(サンスポ)
「千葉、自動降格圏から脱出=J1」(時事ドットコム)
「勝ちパターンが暗転=名古屋、首位明け渡し-J1」(時事ドットコム)
「自動降格圏を脱出」(ちばとぴ)
「首位をたたく=月刊・犬の生活2008 (1/2) J1第26節 千葉 2-1 名古屋」(スポナビ)
「第26節(2008年9月23日、火曜日)」(湯浅健二の「J」ワンポイント)
「J1 第26節 千葉-名古屋」(サッカーマガジン 速報Jリーグ)


名古屋戦の勝利でジェフは勝ち点3を積み上げ、27に。
FC東京に負けた磐田は26のまま。
これで勝ち点1ポイント上回って、ジェフは16位。
自動降格圏から、入れ替え戦のポジションへと浮上した。

浮上したとはいえ、磐田が勝ってジェフが負ければすぐに元の木阿弥。
残留を掴み取ったわけじゃない、まだまだ厳しい試合が続く。

しかし。
磐田には勝ち点1ポイントしか差がないけれど、勝ち点31~35の範囲に7チームがひしめいている。
連勝連敗がかみ合えば、ジェフは中位集団に殴りこむことができる。


残留が決まったわけじゃない。
たまたま連勝しただけだ。
残る試合も8試合しかなく、一つたりとも油断できやしない。

それでも、一つだけは、はっきりと言える。


これでジェフは、ようやく、残留争いというレースに参戦することができた。
今まではそれですらなかった。
リーグの底辺に取り残されていた。
そこから、他クラブと残留を争える位置まで這い上がってきたんだ。

11試合未勝利、勝ち点2からの、残留をめざして、
がんばれ!!!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/830-bf9e3332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。