Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和の満身創痍っぷり
試合を振り返ろうと思うと、浦和の方こそ印象深く。
とにもかくにも、その満身創痍っぷりに驚いた。


闘莉王はどうなんだろう。
足が悪い悪いってさんざん報道されてる通り、動きが恐ろしく鈍っていたと思う。
そりゃ、イザ!って時の動きは凄いし、身体は強いし、そんな選手にDFを破られて一点取られたけれども、それに対する負け惜しみなんかじゃなくて。
試合が止まったときにポジションを直す動きとか、プレイとプレイの間の動きを見ると、酷く辛そう。
そして動きの悪さがそのまま苛立ちになっているのか、試合の間中、始終イライラしっぱなしに見えた。
味方のプレイにもいちいち怒鳴っていた。

高原より点を取ろうって気迫はずっと凄かったけど。
DFの選手に、あそこまで個人の自由にプレイさせるって、どーなんだろう・・。
そういう約束事になっているんだろうか。
ふと3バックを見れば、上がった闘莉王の代わりに6番の山田が真ん中に入っていた事もあった。
山田ってそういう選手だったっけ・・。

闘莉王が最終ラインでボールを持てば、何度も最前線めがけてロングフィードを放り込んでいた。
ポンテや鈴木啓太が中盤にいるというのに。

浦和の戦術は、イコール闘莉王なのか、
それともピッチ上の闘莉王は不可侵の絶対君主なのか、
周りに苛立ち、自分に苛立ち、試合に苛立っていた闘莉王は、一人で試合全てを背負うように戦い、
支えきれず、
最後まで痛々しい顔のままだった。


鈴木啓太も、ポンテも、
ピッチ上であんなに存在感のない選手だったっけと、驚いた。
いや、上手いんだよ、凄く。
ポンテなんか、囲まれてもボールロストしないし、パスはキレイだし、FKも危険だし。
鈴木啓太も、いるといないとじゃ、浦和の中盤の守備がぜんぜん変わったし。
だけど、スタジアムで試合を見ていて「またポンテかよ!」みたいな驚きや怖さはなかった。


そして阿部。
阿部が、あんなに動けない選手だったハズはない。



それもこれも、
浦和が今、ACLの連戦によっておそろしく疲弊しているせいなんだろう。
ジェフ戦に登場したメンバーに堀之内と細貝を加えたメンバーが、試合に出続けている。
どんな凄い選手でも、それだけ戦い続けていれば、痛みも増えるし疲れも溜まる。
体が磨り減っていく。

対して、ジェフは、Jリーグのみを戦っている。
それであっても尚、ミラーは前線の選手を小刻みに使い分けながら起用している。
そのコンディショニングの成果が、
「最近5週、ケガ人も出ず、いい状態で選手を選ぶこともできています」
という発言にもつながっている。


勝ったことで、より多くのより厳しい試合を課せられた浦和。
負けたことで、限られた試合をひとつひとつ戦うしかないジェフ。

Homeフクアリで迎え撃った浦和は、満身創痍の姿に見えた。
うまくいかないギスギスした雰囲気と苛立ちで、選手同士の間にひび割れが入っているようで、見ていて痛ましかった。


あれじゃ、浦和の主力選手が何人か大怪我しても・・全然おかしくないぞ。
特に闘莉王とか鈴木啓太とか阿部とか・・。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

コメントありがとうございます!

To:みつる(赤)さん
同じ選手を起用し続けるというのは、監督の主義信条に近い部分もあるとは思います。なのでそれだけならば、不満や批判や好き嫌いはあれども、否定される事じゃないと思っています。しかしそれにこだわりすぎてチームが破綻するとなれば、それはマネジメントの問題です。この前の試合で見た浦和は、正直、そこまできちゃってるかも、と思いました。

To:ぬふあさん
普段の浦和の試合は全然見てません(苦笑) ごめんなさい。
だからこそ、先日の試合をフクアリで見た印象が、それまで自分がもっていた「浦和はこんなチーム」というイメージと随分と違ってて、なのでそのインパクトが強かったのです。エントリーを書くにあたって、浦和公式の試合記録を見たら、ほんとに同じ選手ばかりで続けてびっくりしました・・。

To:metalslimeさん
お!経験値イッパイ!・・というネタは置いといて(笑)
所属選手個人の力は、確かに浦和の方がジェフを上まわっているでしょう。そこは自分も素直にそう思います。しかしチームは生き物だからこそ、旬な時期もあれば、凹んでいる時期もある。そのリズムを安定させて高い水準で維持するのも監督の力だと思います。
闘莉王も、必死に全力で浦和のために戦っているとは思いますが、そのがんばりが周りとかみ合っておらず、しかも本人もそれをわかっているんだろうなぁ・・というのが、痛ましかったです。鈴木啓太も随分と辛い顔をしてたと見えました。

To:katsujiさん
シーズン序盤に凹んで凹んでドツボだったジェフですが、そこからなんとか今、こうやってリーグを戦えるようになったのを、凄く嬉しく思っています。
メリハリがあって、優勝争いより楽しいですよーーーー!とか強がってみたり(笑)
ジェットコースタークラブと呼んでください♪
あの試合でもちょっと試合外のナニカシラがありましたが、浦和もジェフも、G大阪も鹿島も・・全部そろってこそのJリーグ。また熱い試合ができればいいなぁ・・って思います。


フクアリにいらっしゃった浦和サポの皆様、ようこそおいでくださいました。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
【2008/10/08 12:06】 URL | khou #- [ 編集]


全く貴方が見ているとおりだと思います。
自分とこの試合や展開を見てると泣けてきます。
何故フロントもこのまま放っておくのか・・

先日の千葉は全く凄かったです。
多くの浦サポがそう感じたでしょうが、完敗でした。
スコア以上の差。深井にもミシェウにも(勿論選手他全てに)全くやられました。
千葉は全然良かった。良い監督、良い補強、千葉のサポは今とても幸せだと思う。

上手くいえないけど、おめでとうという気持ちと、
いつもロクな事を言われてない浦和の事を他サポの人がこれだけ
ちゃんと見ていたりしてるんだな、という気持ちでつい書き込んでしまいました。
失礼しました。
【2008/10/07 20:06】 URL | katsuji #E4CoXI/w [ 編集]

完敗
自分は先日現地にうかがったレッズ者です。
的確な分析、感服しました。
自分はこちらのホームでのそちらとのゲーム、あのやっかいなまでの市原千葉はどこへいってしまったのかと驚愕しましたが、結局、そのあと見事にチームを立て直したそちらと、監督だけが代わって関係は良好になり一見よく見えても、基本的な内容には変化のなかったウチとの差が出た、と感じました。

料理に例えれば、どんなに素材が良くてもきちんと調理できなければ素晴らしい料理は出来ない。たとえ素材は若干落ちても素晴らしいシェフがきちんと調理すれば素晴らしい料理が完成する、ということを痛感しました。(この例えは失礼でしょうが、ここのタレントではウチが劣ってるとも思えませんから)

3-2のスコアは字面だけを見れば死闘、一歩及ばず、と解釈も出来ますが、実際のゲームは完敗でした。

勿論、我々もこのままで終わるつもりはありませんが。
【2008/10/07 14:58】 URL | metalslime #ATlxuENQ [ 編集]

驚きです
やはり見る人は見ているのですね、、、特にフロントにこの文章を読ませてあげたいです。
【2008/10/07 12:14】 URL | ぬふあ #w0p83Qkw [ 編集]


浦和の関係者全員(フロント、監督、選手、サポ、、、)に、この文章を読ませてたい(涙)。
【2008/10/07 11:12】 URL | みつる(赤) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/841-c54f7409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。