Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟戦。攻め手を封じ込められ、チームの脆さが露呈したジェフ。
新潟戦は、新潟が狙った「ジェフの攻め手の封じ込め」がはまり、
シーズン中に必死で立て直しているジェフは、そんな新潟に試合中に対処しきれず、
ジェフのチームとしての脆さが露呈、攻守両面でチームが機能不全。
これが苦戦の出発点だったと思う。

巻とミシェウの二人がとにかく包み込まれるようにして敵の徹底マークにあい、なかなか狙い通りのプレイができなかった。谷澤や深井がボールをもっても、敵の最終ラインが縦の突破を最優先にして守っていたために、両サイドの彼らは中央への切れ込みが増えてしまう。そのため狭いところを無理矢理こじあけるようなプレイが増え、敵味方入り混じっての交通渋滞が酷くなってしまう。

新潟は隙を見つけては、ジェフ両翼の後ろにボールを放り込み、そのスペースを河原や矢野が蹂躙。
最終ラインといっしょに下村や工藤が振り回されるため、この二人もなかなか攻め上がれない。

敵に囲まれ、キープがままならない巻。
周りと連動できずスペースを生かせずに、前目で停滞してしまった二列目。
守備のフォローに走り回り、攻め上がれない工藤に下村。

結果、攻撃陣と守備陣が連動できず、動きたくとも動くスペースがなく、ボールを繋げず、走れないから走る量も減り、悪循環。
連勝前の悪い時期のジェフに戻ってしまったようだった。

チームとしてまだまだ未熟なジェフ。
未熟さ故に、ジェフの強みははっきりとわかりやすく、
その強みに対処されると試合中のフォローがきかないという、これまた未熟さが露呈。
新潟にとっては、狙ったとおりの試合展開に持ち込めたと思っただろう。
ジェフ自身の攻め手のバリエーションの少なさや、試合中の修正の拙さ等、チームとしての未熟さが試合の停滞を悪化させたとも思える。

前半に何度と無くあったFKのチャンスを生かせなかったのもそうだし、深井や谷澤やミシェウが、単独でのプレイに苦戦したときに、他選手がなかなかフォローできなかったのもそういう事だと思う。
そういう部分がチーム全体の歪としてひろがって、最後の最後まで守備にも苦戦。新潟の「サイドのスペースを狙ったカウンター」「ジェフの守備陣を一方のサイドに寄せては、逆サイドに展開」この二つにまともに対応できなかったのも、その影響じゃないだろうか。

自分達の強さを全面に押し立てて試合に臨む強豪クラブよりも、相手の強みをしっかり消してくるサッカーの新潟の方が、今のジェフには戦いづらかった。


後半はさすがにジェフもそんな新潟に対応。
巻が前半よりも位置を下げて構えるようになり、ロングボールでの競り合いにはほとんど勝てるようになる。工藤も前半以上にボールに絡もうと前目に動くようになる。
しかし深井/ミシェウの二人は前半からの悪いリズムを引きずったままで、
交代した新居/レイナウドの方が効果的なプレイをできていたように見えた。


選手達に慢心があったとは思わない。
しかし連勝中にできていた事ができず、新潟の「ジェフの二列目封じ」の前に落とし穴にはまってしまった感はある。
試合中に自分達で打開策を見つけられなかったのは、今のチームの未完成さの現れだ。


次節、大宮戦は、心底、負けられない正念場となった。




おまけ:
連勝で勢いがついたまま、リーグが中断し、そしてその間も練習や諸々いい感じに時間が過ぎて、
いざ再開したらがくっと苦戦する。
・・なんだかこれってちょっと前にもあったよなー、とデジャビュ。

京都/大分への連勝、ナビスコ予選を突破⇒お休み⇒FC東京との苦戦。
五連勝⇒お休み⇒新潟戦との苦戦。

んー、似ている気がする(苦笑)
先のケースでは、FC東京戦に引き分けた後、正念場の東京V戦/札幌戦で連敗してしまった。
こ、今度はもう、負けらないぞっ!



===<札幌&オシム、早速のカウンター>===
「札幌“オシム総監督”との正式交渉否定」(スポニチ)
「川淵Cはオシム氏現場復帰に慎重」(スポニチ)

昨日報道のあった「札幌総監督にオシム氏招へいへ」(ニッカン)だけれども、さっそくの反対報道。

ニッカンの記者が、札幌フロントの願望やおしゃべりを真に受けて、誇張した書いたネタだったのか、
それとも札幌がガチで動いててあわてて火消しに走ったのか、
はたまた降格ショックを紛らわせるための煙幕情報だったのか、
札幌フロント内にいろんな派閥があって、昨日と今日とで情報ソースが異なるのだとか、
色々想像できますが、
なんにせよ、オシムが現場に戻ってくるなら本人の意思に叶うよう願うばかり。

でもって、
彼を受け入れるクラブがあるならば、緊急事態の医療体制だけはしっかりと!


・・しかし、最近のニッカンはトバシまくるなぁ・・(苦笑)



===<って、そしたら札幌&オシムを認めたってっ>===
「札幌がオシム氏リストアップを認める」(ニッカン)

上記のとおり、オシム否定!と同日、ニッカンの方ではオシム認める!との情報。
あー、こりゃこりゃ。
スポニチのオシム否定報道では、実名が出ているのは札幌の矢萩社長。
ニッカンの、オシム認める!報道では、三上強化部長。こちらにも矢萩社長コメントあり。

とはいえ、二人のコメントが厳密に矛盾しているわけじゃない。
リストアップしている監督候補の中にアマルが入っており、
そのリストにおいて最優先は三浦監督の続報であって、
故に、オシム&アマルとはまだ正式交渉に至っていない、
そう流れれば両方共に両立する話となる。

ニッカンがどうこうよりもこうなると、今日のスポニチの、見出しのつけ方の方が微妙な感じ(笑)



blog_ranking

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/853-85bd47c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。