Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤブサ!隼!はやぶさ!・・古河電工に、初めてカッコイイ!と思った日(笑)
※ジェフ成分は1%ほどです(笑)
※たまには雑談ネタ。
※でもって、けっこう長文です。


自分は小説もマンガも大好きで、歴史ネタもSFネタも大好きで、旅行も大好きで、
・・要は「ここじゃないどこか」というだけでたまらなく憧れてしまうものがあり、
だから「世界の車窓から」なんかは、DVDのBOXを買ってしまっており、
海外旅行も大好きで、国内旅行も大好きで、
大学生のころにはバックパッカーのまねごと・・ほんとの真似だけど、してみたり、
そんな自分にとって、この週末、個人的にとてもとても素敵なニュースがあった。

それは、サッカーと関係がないんだけれども、
でもジェフと・・ジェフの親会社の古河電工と、ちょっぴり関係のあるおはなし。




「HA-YA-BU-SA」といえば、

時速300kmでダイブ!する猛禽類のことではなく、

決して「お楽しみはこれからだ!」の不死鳥の人ではなく、
(リハビリ、がんばってください、ほんとに頑張ってください)

飛んでる姿がとてもとても優雅で美しい、まさに風に舞うようなOscarでもなく、
(残された映像の中で、翼を翻す姿はほんとに美しいと思う・・)、

その他いろいろなメカネタでもなく、
バイクにもそういう名前のがあるらしいんだが、バイクは詳しくないんでおいとくとして、

小惑星探査機「はやぶさ」(JAXA)の事だ。


遠く、遠く、小惑星イトカワに向けて飛んでいって、
3億キロメートル先にある、たった500メートルのちっぽけた岩塊に接触し、
サンプルを回収し、
そしてまた3億キロメートルの道のりを、地球に戻ってくるというのが「はやぶさ」の使命。

2003年5月、無事に打ち上げに成功し、
地球スイングバイにも成功、
イオンエンジンも1機がトラブル起こすも、残る3機が長時間動いたトコまではいいんだけれど、

姿勢制御用のリアクションホイールは3機中2機が壊れるわ、
燃料が漏れて中で凍るわ、
バッテリーも放電しちゃうわ、
通信も、一時断絶するわ、
その間、肝心のイトカワへのタッチダウンも状況不明で「まさか墜落!?」となるわ、
姿勢制御用の化学エンジンが全部壊れてしまうわ、
それをイオンエンジン用キセノンガスで、無理やりに姿勢を立て直すわ、
そのためのソフトを後付けでみんなで開発するわ、
またまた通信断絶、しかも三カ月だわ、
バッテリは全部放電しちゃって、再充電しなきゃいけないわ、
燃料が爆発しないよう、機体内から放出するわ、

そんなとんでもない状況を、地球上のJAXAの技術者達が必死で頭絞ってトラブルに対応して、
なんとかなんとか「はやぶさ」は生き残り、

小惑星イトカワにタッチダウン、サンプル回収を試みて、さあ地球に帰ろう!ってなって、

姿勢制御すらままならず、太陽の光の本当に微弱な力まで使って、 なんとか姿勢を安定させて、
そしてひぃこらひぃこら、地球に向かっていたのに、

生き残っていたイオンエンジン3機のうち、1機が停止!残り2機!
残る2機も、しかし今月・・2009年11月になって、1機が停止!
さすがに残り1機じゃ、力が足りなくて地球まで帰れない!

「はやぶさ」、地球への帰り道なかばにして、
小惑星イトカワのサンプルを手にしながら(かも、だけど)、 ここで終わりか!・・というこのピンチを!

「探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ」(読売)

なんだよそれ!
「万が一に備えて、回路をつないでおいた」って、 ほんとにヤマトの真田さんかよ!!!
「こんなこともあろうかと」って!
しかもエンジンって配線をつないで、2機の部品をつなぎあわせて1機にするって、ぜんぜん想像つかないよ! なにをやったんだよ! 宇宙空間で人間が手作業で何かできたわけでもないのに!

そんな離れ業、偶然と奇跡と技術者魂によって「はやぶさ」が手に入れたエンジンの力は、
わずか6.5mN(ミリニュートン)、1円玉すら持ち上げられない!
だけど、こんな微弱な力が、「はやぶさ」が地球に帰りつく最後、ほんとに最後の命綱!

「「はやぶさ」の大いなる挑戦~世界初の小惑星サンプルリターン~」(ニコニコ)
「探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力」(ニコニコ)

こんなこともあろうかと!
こうなったらもう、「はやぶさ」、何が何でも地球まで戻ってこい!!
帰ってこい!!!


そんな、とてもとても熱くて、オレにとって素敵なニュースが、この週末にあったわけで。
(・・こーゆーネタにはものすごく涙腺の弱いオレ・・・・)





そして、この最後の最後でようやくジェフに関係するのだけれど(苦笑)、

この「はやぶさ」に搭載されているバッテリーは古河電工のものだそうな。
ヤマト版の動画で佐渡さんが叫んでいる「古川」ってのは、つまりこれは古河電工であり・・、
それってジェフの親会社じゃないかと!

古河電工のビジネスは消費財とかじゃないから、普段はぜんぜんそれを意識する事なんてなく、
でも電線や光ファイバーでは世界でも有数の企業だと、知ってはいたが、
だけどリアルに親近感なんて持つ機会はなくて、

これで、初めて古河電工に親近感&好意をもってしまった・・(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:こまいぬさん
コメントありがとうございます!
たまには、完全に自分の趣味でエントリ描いてみました・・というか、「はやぶさ」ネタに引っ掛かってくれる人がいるとは思っていませんでした(笑)

「はやぶさ」は来年、地球軌道に帰還・・カプセル投下後、大気圏突入して燃え尽きて、それもまた貴重な実験データになって、そこでもう使命を全うするわけですが、

ジェフも来年いっぱいできっちりJ1に帰還しましょう!(笑)
ただし、燃え尽きずに!
再来年もあるわけですし!

トラブルは・・何も無いはずがない!(笑)

【2009/11/24 08:20】 URL | khou #- [ 編集]


初めまして、いつもブログ拝見させていただいています。
まさかJEFのブログではやぶさの話を読めるとは思いませんでした(笑)。
2010年に帰還予定との事ですが、いや、正確には帰還ではないのですが。
こういう記事はもっと色々な人に知ってほしいですよね。日本人として。

われわれも何があろうと、J1の舞台に帰りたいと思います。
間のトラブルについてはなるべく無い方向で(笑)。
【2009/11/24 00:06】 URL | こまいぬ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/948-eafd9f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。