Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に優しいクラブであってほしい。・・斎藤大輔のセレモニーを見て。
江尻の監督去就に関する先のエントリーに、ウチのblogにしてはめずらしく幾つものコメントをいただきました。
ありがとうございます。
それこそ賛否両論、双方のご意見をいただけたのは、とても嬉しく思います。
その江尻去就にもちょっと関わるのですが、大分戦でもう一つ思った事があって。

それは、斎藤大輔のセレモニーを見て、思った事です。



斎藤大輔というプレイヤーは個人的に大好きだった。
何よりも、勝った試合の後の斎藤の嬉しそうな顔が大好きだった。
そんな選手がジェフで引退する。選手生活をジェフで全うし、ユニフォームを脱ぐ。
とても嬉しかった。

立石もそうだ。
ジェフで、引退してくれた。

大事なジェフの選手たちが、ジェフのエンブレムのもとで、ピッチを去っていく決断をする。
ありがとう、と、素直に思う。


だけどさ。
そういう事って、今までのジェフでは、決して当たり前なんかじゃなくて。
ジェフどころかJリーグ全体でも、そうある事じゃない。

小倉や中西。
大柴、越後、影山、後藤、新村、下川、真中、武藤、広山、酒井、山口、阪倉、城、野々村。
それぞれに理由は違うし、経緯も色々だけど、みんなジェフを離れていった。
中にはジェフ自身が彼らを支えきれずに決別した選手もいるし、脂ののった活躍盛りの時期に自らジェフを去った選手もいる。ジェフじゃない別のクラブで、少しでも長い現役生活を選んだ選手もいる。

だから、立石と斎藤の前、ジェフの功労者が引退セレモニーを迎えたのなんて・・それこそ江尻まで遡ってしまう。・・それがサッカーだし、仕方ない。そう理解していても、やっぱり寂しい。

そんなジェフが、だ。
立石と斎藤の二人を、ちゃんと、引退まで支える事ができた。
資金面でも人事面でもだ。
そして、二人もまた、ジェフでユニフォームを脱いでくれた。

これはサポとしてもとても嬉しい事だけど、やっぱり引退した二人としても嬉しかっただろうし、それだけじゃなくて他の選手から見ても凄い事だったと思うんだ。
だって、そのクラブで戦って、引退まで戦いぬいたら、1万人を超えるHomeスタジアムの観客の前で自分の引退セレモニーを開いてもらって、さらに引退後のキャリアまであるんだよ。
そりゃ絶対嬉しいに決まってるって。


ナビスコ連覇をいっしょに喜び、そうじゃない時もいっしょだった選手に、ジェフは報いる事ができた。
斎藤という一人選手の引退への気持ちといっしょに、そういうところも、嬉しかったんだ。


セレモニーを見ながらそんな事を思っているうちに、
やっぱり選手もOBもフロントも全部、クラブにとっては財産なんだな、とか、
ジェフの財産である江尻やフロントや選手やOBや関係者を、サポ自らが蔑ろにしちゃいけないよな、って思った。
選手もフロントも人なんだから、
彼らを浪費して使い捨てて、焼き畑農業なんてしちゃいけない。

ガラガラポンじゃなく、
リセットするでもなく、
全部もろもろひっくるめて、背負って、ジェフはJ2に行くし、そうやってJ1に昇格するべきだ。



ジェフには、選手や関係者に報いることができるクラブであってほしいし、
このクラブでよかったと、選手にも監督にもフロントにも、思ってほしい。
オレは、そんなクラブを応援したい。


斎藤大輔の引退セレモニーをみながら、そう、思いました。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/955-9789f479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。