Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻は契約保留で越年交渉!工藤は残留!・・広島産技術で宇宙帆船!
巻がっ!
フロントのクラブ方針に納得できずに契約更改を保留!
そして工藤はっ!
ジェフに残留の意思表明!

「巻去就は越年 千葉残留白紙」
「工藤は残留意思」

2009_巻工藤_ニッカン.jpg

巻については、ニッカンの記事によると「残留を前提に交渉したが、J1復帰に向けたクラブ方針に合意できず」とある。今までも巻に関しては、契約更改時に年俸以外の部分でフロントに納得できず、契約交渉が長引いた事もあった。大量流出の際も、まずは監督が決まってから交渉しますという事で、越年しているし。練習場についても、契約交渉の場でフロントに訴えた事もあったっけ。

今回は、「J1復帰に向けたクラブ方針などに関して、合意できない点があったため」とある。
「クラブ方針に納得できず」とか「クラブビジョンに不満」とかじゃない。
「合意できない点があった」、だ。
この表現からは、フロントが提示した何かしらの条件や状況説明に対して巻が肯んじえなかったと想像してしまう。

その合意できない点はなに?とくれば・・

例えば、条件面。年俸減額や、起用方法など。
例えば、状況説明。現状の補強の進捗状況や、コーチスタッフなど。
例えば、フロントの体質改善。選手やコーチへのリスペクトや処遇、昼田/間瀬解任の状況説明など。
例えば、クラブ全体の体質改善。サポからは見えない諸々。
例えば、育成面。育成コーチの契約満了など。
例えば、感情のもつれ。

例えば、例えば、例えば・・。

色々と想像できてしまう。
それがどのようなものなのか、お互いに妥協できない条件なのか、理不尽なものなのか、全くわからない。

巻には残ってほしい。
しかし、サッカー選手のキャリアとしてJ1を目指すというのなら、それは納得するし、応援もする。
寂しいけれど。

だからそれまでの交渉においては、フロントは、誠意をもって巻と交渉してほしい。
それが理屈では正しいとか間違っていなとかじゃなくて、やり方や受け止め方の問題をもっと真摯に考えてほしい。

だから、いきなりメールでぽんと、「今度はこんな条件ではどーだ?」みたいな交渉はしないでね。
もしくは契約を打ち切るからって、いきなり「年が明けたら音信不通」(仙台梁との入団交渉における梁側の見え方)もやらないでね。
いきなり帰省中の巻に電話一本で「こーしたから」だとか、そーゆーのもダメよ。
最終戦当日、しかも帰京直後の深夜に契約満了を発表するとか、ジェフのフロントは感覚がずれてるしな。

そりゃ、ビジネスとして合理的な判断や譲れるところ相談できるところってのはあるけれども、結局は人と人のつながりだから。数式で答えを出すものじゃなく、納得できるかできないかという意思が最後を決める。

例え巻がジェフを離れるにしても、せめて、どこかに恨みが残るような離れ方は、してほしくない。



===<工藤は残留を意思表明!>===
広島が工藤に獲得オファーを出した事は、報道された。
何度か交渉したという話もどこかで読んだ。
それが先日、中国新聞では移籍を断る連絡を入れたとあった。
それだけだったら、「まだ広島以外の、どこか他のクラブが・・」みたいな不安があったけど・・

ここにきて、残留の意思を伝えたというニュース!
ニッカンによれば、工藤は残留の意思をフロントに伝えたと言う。

・・ありがとう!工藤!

中後も、福元も、工藤も、
他のクラブ、それもJ1でやれるチャンスがありながら、ジェフに残ってくれた。
工藤は、ほんとにほんとにジェフのジュニアユースからのジェフ育ちで、そんな彼が残ってくれた。
江尻がラジオで言っていた、「俺はジェフだよって、心の底から言える選手」、下部組織からジェフ一筋の工藤がそう言ってくれるのは、本当にうれしい事だ。

こんな状況で、残ってくれる選手達には、ありがとう・・という言葉しかない。
これ以上何を書こうとも、ほんと、それしかない。



だから、

工藤の言葉、「1年で千葉をJ1に上げます」

必ず・・!



===<広島産、太陽帆船!>===
※ネタとして書こうと思っていたけど、書き忘れていたので追記。
※趣味ネタです(笑)

「宇宙帆船にマナックの技 JAXAが実証機開発」(中国新聞)

こんなニュースを見たわけだけど、JAXAの公式HPで紹介されている、これだよな。
「小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」」(JAXA)

さしわたし20メートルの太陽帆(ソーラーセイル)が、広島県福山市の会社によって作られている・・それが地域ニュースになって中国新聞で掲載されたと。
その会社の名は、マナック(公式HP)
沿革によると、会社創設のきっかけは「ニガリ」の処理だそうな。

瀬戸内海の塩と!ニガリが!そこから生まれた職人の知恵と技術が!
時を経て、太陽の光を受けるソーラーセイルとなる!

見出しにするとこんな感じか。
ニガリから生まれた研究会社の技術がこうやってつながっていくってのは、職人っぽくて、好きだな(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/976-5ae102d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。