Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状の補強バランスをつらつら考えてみる。
土曜日、
「そだ、現状の補強バランスをグラフ化しよう」と思ってつらつら考えていたのですよ。
理想イメージはピッチを斜め上から見るアングルで、格子状にピッチを区切ってそれぞれにできる選手をプロットして、でもって高さ=選手人数、その中の色分け=年齢構成、で作ろうかなって思ったのですよ。
でも、がんばったんだけど、あまりキレイなのが作れなかったので、あきらめました(苦笑)
なので、そこはもう文字表現中心で・・ほんと、うちのblogは文字ばっかりだよ。


さて、仮に4-4-2だと想定して選手を割り振ってみます。専門職じゃなくとも、前所属も含めて経験があるだとか、やることはできるとか、そういう場合でも人数に計上。一人で複数ポジションに計上もしてますので、「のべ」人数になります。

GK:1ポジ4名 (櫛野、岡本、中牧、佐藤)
CB:2ポジ4名 (池田、青木良、福元、益山)
DL:1ポジ5名 (坂本、アレックス、青木良、渡邊、鎌田)
DR:1ポジ5名 (坂本、和田、青木良、益山、鎌田)
MF:2ポジ8名 (中後、アレックス、山口、工藤、伊藤、米倉、倉田、益山)
ML:1ポジ9名 (村井、深井、アレックス、山口、工藤、谷澤、渡邊、青木孝、倉田)
MR:1ポジ8名 (深井、太田、山口、工藤、谷澤、伊藤、米倉、倉田)
FW:2ポジ8名 (巻、深井、林、ネット、谷澤、青木孝、金沢、戸島)

MFをDMF2人の両サイド2人だとか、4人フラットに並べるだとか、一人をアンカーで一人をセンターハーフだとか、どのように組んでいくのかまでは、もうなんとも想像しようがないので、トップ下からDMFまでをまとめてみた(笑)


で、上記のように割り振ってみると・・だ。

【1:CB不足】
CBが2ポジ4名ってのは少なすぎる。常時必要とするのは2名とはいえ、怪我や出場停止を考えると心元ない。また、益山をCB戦力として計上しているけれど練習試合や年代別代表での経験での事であって、ジェフの公式戦ではCBの実戦経験はない。青木良も同様だ。となると池田/福元の2名だけが本職となる。去年みたいに坂本をCBでスクランブル起用?いやいやそれも・・。
噂のミリガンが来て、彼をCBに起用しない事にはどうしようもないな・・。

【2:中盤守備の不安】
人数はいる。4-4-2だけでなく、中盤厚めも4-2-3-1を敷いたとしても、中盤の人数はいる。しかしその内訳は・・となると、守備が微妙か。倉田/伊藤/米倉は攻撃が持ち味の選手。守備においては、中後/アレックス/山口/工藤/益山となる。去年の失点の多さの理由は、特に中盤守備に問題があったんじゃないかと個人的に思っているから、山口一人の補強に不安を感じる。阿部や斎藤がDMFで登場した時のあの頼もしさは、結局は個人の力であって、今の選手達からはそのようなフィジカルにたくましく、且つ、ボール争奪戦で戦う強さはあまり感じない。
下村との契約を満了した以上、だからこそ、ここにはテコ入れを目論んでいると思っていたのだが、はてさて。
そして、噂の勇人はどうなるのか。

【3:中盤両サイド攻撃陣の飽和】
単純に、人、多すぎだろ! 特に左! 1ポジ9名ってどーゆー事だ!(笑)
そりゃ、あくまでも左MFをできる人という意味で、本職だけじゃなく「のべ」で計上しているけれどそれにしたってさ!
アレックス/山口/工藤をDMF、深井と青木孝をFW、倉田をポジション想定無しのジョーカー、それぞれの本職に人数を割り振ったとしても、村井に渡邊がいて、谷澤がいる。
ここは、どうなるのだろう。

【4:FWの人数飽和】
中盤両サイドと同様に、FWも人数が飽和ぎみ。2トップだとしても、2ポジ8名。途中出場や怪我や出場停止を考えても、それでも多い。新卒の戸島はしょうがないにしても、青木孝や金沢に出番が来るのだろうか。深井と谷澤をFWじゃなくて両サイドに割り振ったとしても、彼ら若手の前には巻にネットに林がいるわけで。それに、深井や谷澤が両サイドに行ったら行ったで、そもそもそっちも人数飽和だし・・。


ポジションごとの編成を見ると、攻撃陣は人数飽和気味で守備陣は少なめに思われる。
4-4-2だろうが、4-3-2-1だろうが、やっぱり前目の選手は人数が多い。
逆に守備面を思うと、センターラインに不安を感じる。
CBとDMFにまずはミリガン、そしてミシェウ移籍で空いた枠で外国籍選手の助っ人をもう一人!・・というのが個人的な願望だ。
噂の勇人や茶野は、ほんとにどうなるのだろう・・。


【5:年齢バランス自体は悪くないけど・・しかし・・】
一方で、年齢別バランスとしては、実は、あまり悪くなかったりもする。
31歳以上のベテランは櫛野/坂本/村井の3人だけ。20代後半の主力級も多い一方で、20前半の若手枠/育成枠も獲得(伊藤/倉田/鎌田)しているし、中堅の世代も山口/渡邊と補強している。

しかし、試合数は決まっている。
出場できる人数も決まっている。
ベンチ登録はJ1より少ない5人まで。
【プロ契約選手はリザ登録しない】【サテライトの廃止】という要素もある。
・・全体の構成比率ではなく、実際に出場可能な人数を考えた時、出場機会に対する人数過多と思われる。

まさに今が伸び盛りで、水のように試合経験を必要とする若手たち(青木孝/米倉/金沢/倉田)を、どのようにマネジメントし、どのように育ててていくのか。年長者であり、三菱養和で育成の実績を残してきた斎藤和夫氏を、コーチに起用した目的がそこにあるというなら筋は通るけれども・・。

確かに、今季の命題に【J1昇格】と【若手育成】の二つを掲げ、二兎を追う以上、主戦力の確保と期待の若手、両面から人数が多くなってしまうのもいたしかたない。
それに巻も深井も林も今年で30、村井も2010年12月には31歳となる。
青木孝や米倉たちに、初めからポジションを与えるのではなく、実力で彼らを上回る事を求めているだと理解できなくはない。それでこそ2011年以降につながると考えたのかもしれない。


いやでも、
でもさ、

「UNITED」で、江尻自身が・・「若手というのは、使っていかないと伸びないことを再確認させられました」と言ってるんだよなー・・。

そう言ってるのに、
その若手を伸ばすための、出場機会が、かなり難しいよね、ここまで人数がいると・・。



さてさて。
来週末の1月17日(日)には、新体制新加入選手発表記者会見がある。
もちろんそれ以降の選手補強もありえるし、今まではキャンプIN後の加入だってあったわけで。

ミシェウの移籍で空いた外国籍枠をどう活用するのか。
情報はないけれども、既存の選手達は本当にこのまま残留してくれるのか。
人数自体が不安な守備陣に、さらに補強はあるのか。


来週一週間・・刮目して待て!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/985-02967f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。