Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年J2は熊本で開幕!・・J2はベンチ7人制へ! 岐阜から来た米田コーチに期待。
新体制も発表され、来る人は来日し、戻る人は戻ってきたこのシーズンオフ。
その中で、実は意外と大きいんじゃなかろうか?と、期待しているのが新コーチの米田徹。
去年一年間をFC岐阜のトップチームコーチとして戦った指導者。つまり天皇杯でジェフが岐阜に負けた時に、対戦相手として敵ベンチに座っていた人であって、その前は甲府に、さらにその前には三菱養和にいた経歴の人。

つまりだ。
新加入の北九州以外のJ2クラブとは対戦経験があり、
ましてや甲府と岐阜には、元所属コーチとして精通し(そりゃ選手や監督の入れ替えはあるにせよ)、
甲府では、ジュニアユースコーチとして、ワールドユースで戦った堀米を育て、
さらに去年の岐阜の新卒路線(大学新卒9人/高校新卒2人)で若手を躍進させてきたわけで、
昇格を目指して今年のJ2を戦い、「二兎を追う」としてさらに若手育成も狙うジェフにとっては、こりゃまた期待したくなる経歴なわけですよ!

チームのマネジメントなんて、確かに「監督」こそがボスだけれども、だ。
20人、30人という集団、しかもそれぞれみんな普通の会社員以上に我が強いであろうプロスポーツ選手をまとめるのだから、監督だけじゃなくて周囲のコーチの力も重要になってくる。

「米田 徹コーチ、ジェフ市原・千葉コーチ就任のお知らせ」(FC岐阜公式)
米田徹コーチ。
江尻はもちろん、斎藤コーチも、今のJ2を肌では知らない。
そこを支える若手コーチとして、ぜひぜひがんばってください!

エルゴラによれば、江尻自身が口説き落としたって言うしな!
(倉田に続き、人材獲得に江尻自身が出馬したのは、報道ベースで2人目かー)


で。
江尻監督のもとに、斎藤ヘッドコーチ、米田コーチ、そして去年来の菅原大介コーチ(そう言えば菅原コーチも、江尻自身が入閣熱望だったっけな)に、真田GKコーチ。
巻や工藤、ミリガンに勇人、彼らをもってジェフがJ2に挑む2010シーズン。

その初戦は、
巻と櫛野の故郷、熊本に決定!

「2010 ホーム開幕カード決定!」(ジェフ公式)
「[ 2010-01-19 ] 2010 J2リーグ戦 第1節、第2節カード決定」(熊本公式)
「2010 J1・J2リーグ戦 ホーム開幕カード決定!」(Jリーグ公式)


狙っただろ!(笑)

故郷熊本に乗り込む巻、櫛野。
熊本が巻の獲得を狙う、という報道もあったし。
地元のTVにも巻が出ていたそうだし。

こりゃもう、ジェフか熊本がどっちかわからないけど、そういう希望を出していたに違いあるまい!
いやでも、それが狙いどおりだとしても構わないよ!
行くよ!
がんばって行くよ!
仕事さえ重ならなければ行くよ、って、その仕事もがんばって調整するよ!

それに熊本はまだ一度も行った事のないトコだしな。
歴史好きとしては熊本城だって見たいしな。
離婚する前には、前の相方と「阿蘇山、行ってみたいねー」とか話してたしな(笑)

前泊して熊本城とか見に行こうかしら、ららら、るるる。
熊本は馬刺しが美味いと聞く。
オレの地元の八戸近辺だって元が馬産地なだけに馬刺しは大好きだから、ぜひぜひ食べたいぞ。
熊本料理って、どんなのあるんだっけ。だご汁に辛子蓮根、地鶏メシ、他はなんだ?
楽しみになってきましたよっ。

何よりも、どんなメンバーになるかわからないけど2010年のジェフの初戦だし。
今年のJ2を、一年間戦えるのかどうかまずは目にしたいし。

可能な限り、行こうじゃないか!



===<2010年からJ2のベンチは7人制!>===
「J2もベンチ入り18人」(スポナビ)
「J2ベンチ入り選手増 Jリーグ理事会」(スポナビ)

これはっ!
ジェフにとってはすっげー助かる!・・と思うのです。

実際に選手を交代できる枠は変わらない。
だけど、選択肢は増える。
ベンチのサブメンバーを選ぶ際には、GKが一人だとか、どうしても選ぶべきポイントがある。5人枠であれば、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高い選手の方が選ばれやすくなるが、7人枠であれば、一芸に秀でた選手も加わる余地がある。

・・例えば、林とかなっ!
あと青木孝もなっ!

中盤をどう構成したとしても、今季のジェフの中盤は人材が過剰気味だ。
去年終盤のスタメンだった谷澤/米倉/工藤/中後でさえ、村井/勇人/渡邊/山口/倉田/伊藤が新加入した今季、スタメンどころか居場所を見つけるところから始めなきゃいけない。

あちこちで活躍できる山口や谷澤は、どこかに居場所を見つけられると思う。
7番を渡された勇人もスタメン候補なのだろうし、中後は江尻ジェフにとって中盤の要だ。
しかし。
ドリブル&クロスのスペシャリティである村井、
その村井と長所が被る渡邊、
センスにあふれるが実戦経験に乏しい倉田、
場合によっては、米倉に工藤もベンチ入りすら危うくなると思われる。
中盤の人材候補には、アレックスやミリガンだって数える事ができるのに、だ。

FWも同様。
巻にネットはスタメン候補だとして、
深井と林はスタメン候補でありつつ、スーパーサブ候補であり、サイド候補でもある。
これでもうFWだけで4人。
青木孝に金沢の活きる道はどこにある?

それがベンチ7人制であれば、彼らにも居場所ができやすくなる。
2人の差しかないが、その席は彼ら・・一芸に秀でた選手達のための席でもある。
選手層の厚さを活かせる場所でもあるし、試合を決定づける切り札の在りかだ。
それが大きい。

この席に座る選手が、試合を決める時がきっとくる!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/992-3390e965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。